FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

左利きは右利きより寿命が9年短いらしい。

それはなんの呪いだろうかと考えて、確かに世の中の仕様はえげつないほど右利き用にできていることを思い出し、体にも心にも負荷がかかっているということかと妙に納得する。呑みの席でそんな話が出ると必ずといっていいほど、どこが?何が?と返されるのだけれど、「それが右利きだということだよ」という言葉を投下して笑ってしまう。言葉を集めてあれやこれやと論うことはできるのだけれど、生まれてから付き合っている利き手を今更変える必要性自体をすでに感じてはいない。

酒好き、酒飲みを左利きともいう。大工が「のみ」を持つ手が左手であることから「飲み手」にかけて酒好きとは、よく考えるなぁと思ったのを憶えている。先人たちの考えた言葉遊びは嫌いじゃない。猥雑なものも含めて時に粋だなぁと思ったりする。今ならネットスラングのようなものだろうか。媒体が変わるだけで今も昔もあまり変わらない。私は左利きだが左利きではない。…連ねるとなんのことやら。

通常は左利きと聞くと、人は器用であったり芸術に優れていたりという、どちらかというと憧れるに足るイメージを持つらしい。実際に私はクラスに1人はいる「絵が上手いと言われる子」であったし、「なんでも器用にできる子」と思われていたようなので、今まで1億回以上言われた気がする。「限定」という言葉に商品の価値を底上げする心理が働くのと同じように、単なる稀少価値的な意味合いで羨ましいと言われることもあるように思う。

まだ幼稚園に行くか行かないかの歳の頃、練習のために私の書いた文字をはじめて見た母が感じたのは焦りだったという。母の手本を横に置きながら練習した自分の名前は、全くといっていいほどでたらめな文字に見えたらしい。何度書いても同じように書けず、私ほどネットが簡単にできる環境にはいなかった母がどこぞの伝を頼って調べたのか今となってはわからないけれど、有名な誰かに確認したその文字は「逆さ鏡文字」というものだったと言われた。

逆さ鏡文字は、文字を合わせ鏡のように反転させ、さらに上下を逆にするというもので、器用なのか不器用なのかわからないその不可思議な文字を目の当たりにして、「この子の目に世界はどう映っているのだろうと思っていた」と笑って話してくれたことを思い出す。笑い飛ばしてはいたけれど、当時ははじめての子に、なにかしらの障害を疑っていたのだろうと今でも密かに思っている。

私の親の世代までは「左利きは矯正するもの」という慣習が根強く残っていたらしいけれど、私の子供の頃はすでにその慣習が薄まってきた時期だったと思う。小学生の頃はクラスに左利きが4人ほどいたし、それを咎める大人はいなかった。ただどの世界にも前時代的な人はいるもので、私がまだ小学1年のころ「お箸を持つほうが右、お茶碗を持つほうが左」という言い回しで左手と右手を教える教師も存在していた。

あれは確か運動会のための練習だった。見事に左右を間違える私はクラスの誰よりも真剣に耳を澄ませてその声を聞き、号令に合わせて右手と左手を挙げたけれど、けっきょく1度も合わずにその日を終えた。他にも左利きがいたにもかかわらず、合わないのは私だけだった。何故自分はできないのかわからなくて、悔しさと恥ずかしさで混乱したことを憶えている。

母に相談してはじめて自分が左利きであることを知った。知っていた「左利き」という自分をはじめて意識したといったほうが正しいかもしれない。自分ではどうしようもない理由であったし誰のせいでもないのだけれど、私と友達は違うのだと強く意識した記憶。それから寝るまでの間、真剣に考えて導き出した答えが「お箸を持つほうが右、といわれたら左、お茶碗を持つ方が左、といわれたら右」であった。今思えばかなりテンポは遅れがちだったけれど、この回りくどい呪文を編み出してから毎日唱えて何度も何度も練習を重ね、こっそりと友人たちに紛れ込んだ。

いまだに左右を咄嗟に判断するのが苦手なのはその頃の記憶のせいかもしれないと思うことがよくある。道案内をするとき、左右を人に説明するとき、今でも私は利き手をぎゅっと握りしめてしまう。こっちが左、と言い聞かせるように。四角い画面の向こう側で、他人には些末な、でも当人にとってはとても重要な命題を抱えて惑う人の微かな悲鳴を見つけるたびに当時の自分を思い出す。

そういえば人の世では人口の10%が左利きだそうだ。戦争があっても人口が増えてもこの比率はほぼ変わらないらしい。この話をどこかで聞いたとき、まるで「働き蟻の法則」のようだと思ったのを思い出した。全体の2割の働き蟻が残り8割の食料を集めてくるという働き蟻の法則。実際はよく働く蟻を含めた全体の8割しか働かず、2割はずっとサボっていて、よく働く2割を間引くと残りの8割の中から自然と2割が働き蟻に変わり、2割はやっぱりサボったまま。でもサボっている2割を集めるとその中から2割が働き蟻に変わり、全体の8割は働き出すらしい。自然の作り出す不可思議な法則は時に不条理で人間ごときに解明できないところが哀しくも面白いのだけれど、常に10%の左利きは働き蟻だろうか、それともサボり蟻だろうか。

信頼に足る有能な人物を「右腕」というので「左腕」は?と調べたことがあるが見つからなかった。「右」という字には「優れたもの」という意味もあるのだけれど、右が上座であった時代に右の理屈に合わせるのは、右利きが多数を占めていたためではないだろうかと思っている。すでに左利きということは私のアイデンティティの一部になっていて、それを負に思うことはないのだけれど、どうやら私は手だけではなく、耳も目も左利きらしいとわかったときは少なからず驚いた。

左利きは右利きより寿命が9年短いとするなら、目も耳も利き手も左の私は20年ぐらい寿命が短いのではと思うのは短絡的すぎるか。それが私の寿命であるとするなら、それはそれで仕方が無いのかもしれないなとも思う。それにしても私は人生の中でどれだけ左に頼って生きてきたのだろう。
私の相棒は左。絵も文字も料理も、私の好きなことは全て左手が紡いでくれるものだ。

私が信頼に足る有能さを表すなら「左」ということになるのかもしれない。



関連記事

夏の雨


雨が降っている。

このところ夏が全力で仕事をしていたせいで、私の中で「夏は暑い」から「夏は痛い」に変わりつつあるのだけれど、そんな想いを見透かしたような雨が降り出して大きな音を立てて窓を叩きはじめた。夏の雨は好きだ。特に部屋の中で雨の踊る音を聞いていると、夜中に流れる赦しと怠惰な空気が混ざり合って心の奥がしんと静まる感じがする。

その昔、まったりと燻る珈琲を飲みながら夜が通り過ぎて行く時間をこよなく愛していた時期があった。昔といってもほんの数年前だけれど。そんな時間と珈琲は実によく似合う。日常的に飲みすぎを人から注意されるほど珈琲を愛していたのだけれど、珈琲を飲み過ぎると偏頭痛が酷くなると誰かに脅された。好きなものを否定されるのは痛みを伴うのだけれど、確かに最近頭が重いなと感じ始めていた頃だったので、これはそのせいなのだろうか?と気まぐれに控えてみたら本当に治まってびっくりしたのを憶えている。今でも早朝のカフェや日中に飲むのは止められないので、それからできる限り家では珈琲を飲まなくなったのだけれど、こういう日はやっぱり珈琲が飲みたくなる。そういえば私の母も珈琲をこよなく愛していたなぁと思い出しながら、今日は深夜にこそこそと珈琲を淹れた。

この間流れてきたTLで「概念としての夏は好き」というフレーズにとても気に入って私の中での夏の概念はなんだろうと考えていた。燦々と降り注ぐ陽光、入道雲に打ち上げ花火。街に揺らぐ陽炎、風鈴の音に蝉の声。江戸切り子のグラスに滴る水滴。風に揺れる向日葵。激しい感情を突然発露する人が苦手なのと同じぐらい激しい気候は苦手なので、痛みを感じるほどの夏は私にとって生きづらい季節ではあるけれど、確かに夏の持っている心象は美しいと思う。

熱気を感じることのない窓から眺めるような夏の情景はなぜか懐かしく切ない。この感情はどこからくるのだろうといつも考える。強い光は等しく強い影を作り出すように、夏の醸し出す陽気で眩しいほどの明るさが同時に黒く塗り潰した影のような闇を浮かびあがらせるせいだとしたら、人は等しく心に光と闇を抱えているのかもしれない。そのなんともいえない懐かしさと切なさも込みで夏は眩しいほど美しい。だから奥底に隠し潜める心の陰影も等しく美しい。時に心を奪われるほど美しく感じて惹かれてしまう。

「創作熱」と呼ばれるものを最近少しだけ感じるようになって、そういえばここから遠ざかっていたなぁと思いだしたのだけれど、物語を紡ぐだけのエネルギーみたいなものを現実に奪われているのでさすがに難しい。リハビリのようにまずは言葉を連ねてみてはどうかと思い立ち、しばらくは日記のようなものを綴ってみようかと思う。すっかり寂しくなったここに訪れる人がいるのかはわからないし、独り言のようなものなのでそんなに需要があるとは思えないのだけれど、これは私のリハビリを兼ねたエチュードのようなものなのでよしとしよう。

コメ欄は閉じておく。更新を見かけて寄ってくださる方がいたとしたら申し訳ない。お元気ですか?私は元気です。願わくばここで交流していた方々の痛みや淋しさが、あの頃より癒やされた今でありますように。


いつの間にか雨は窓を叩くのをやめていた。もう少し一緒に過ごしたかったのに残念でならない。




関連記事

誓約の地<漂流編>目次

誓約の地 第1章<漂流編>
『誓約の地』は管理人YUKAが初めて描いた恋愛パラレル小説です。
漂流編・追憶編・旅立編と続く長編小説。

2011年9月23日~2016年10月21日
第1章・漂流編完結

目次は「続きを読む♪」より

【続きを読む♪】
関連記事

誓約の地裏話・設定について②【ネタばれ有】


 誓約の地/漂流編完結・追憶編創作中につき立ち上げる、「伏線回収のための覚書」目的の裏話記事。
 裏話は自分用でもあるので完全ネタばれになると思いますし、R18部分も出てくるかもしれません。またその際は完全版のMLNのサブタイトル&話数をリンクしていくと思いますが、リンク先はR18なのでお気をつけくださいね。


誓約の地/MLN【R18】→
※後日ここにも掲載しますが、第2章/追憶編も掲載を始めています。



 追記は前回の【設定④】作中の言語 のつづきから
【続きを読む♪】
関連記事

誓約の地裏話・設定について①【ネタばれ有】


物書き熱が急上昇中のYUKAです。こんばんは。

漂流編が完結し、追億編はお話を構築中なのですが、次章のためにも整理しようと漂流編を読み返しておりました。実は漂流編で、次章の追憶編以降の伏線をちりばめたのですが……なんと。


放置が長すぎてすっかり忘れている!?(驚愕)


読み返しても、長くて読んだそばから忘れそうな勢いでして、これはいかん!というメモ的記事。
読んでみたら、漂流編の中でもいろいろ伏線を張って回収してるじゃない!頑張ってたねー私。
的な部分も多く見つけてしまって、思い出したこともいっぱいあって、忘れないように(笑)

もともと誓約の地はR18指定が完全版ですが、優芽の樹では全年齢対象としてます。これは当時未成年者様の訪問も多かったせいです。しかし、このことが意外と私の制約になりまして、そこで「小説家になろう」サイトの姉妹サイト「ムーンライトノベルズ様(以下MLN)」でR18部分も込みで書いたのです。

なんといっても楽でした。最終的にはそれが放置の原因にも繋がっていきましたが、サイト自体がR18なので、気兼ねが要らない。そしていまだにUPすると閲覧者様が多いのも事実。そんなこんなの理由で、誓約の地は「MLN」がメインになりつつあり。でも優芽の樹に思い入れもあるので放置は切ない。

ということで閲覧と需要があるなしにかかわらず(しかもたいして面白くもないですが)不定期で「伏線回収のための覚書」目的の記事を上げようかと思います。裏話は自分用でもあるので完全ネタばれになると思いますし、R18部分も出てくるかもしれません。またその際は完全版のMLNのサブタイトル&話数をリンクしていくと思いますが、リンク先はR18なのでお気をつけくださいね。


実はすでにMLNでは追憶編を数話UP済ですが、今日はまず物語と登場人物設定について。
放置ブログになって久しく、以前より閲覧者様も激減している今なら書いてもいいかなーという登場人物の実在イメージモデルまで暴露しておりますので(白反転してますが)、そういうのやめてという方は追記の閲覧にお気をつけください。




【続きを読む♪】
関連記事

誓約の地/漂流編 完結・140<誓約>


更新が止まっていつの間にか時間がたってしまいました。

誓約の地は第一章「漂流編」第二章「追憶編」第三章「旅立編」と続くのですが
プロットを整理し直し、試行錯誤しているうちに手が止まってしまってました。

続きがいつになるのか実はまだ未定ですが、読書の秋にかこつけて
初心に戻ってプロット通りにいこうと、第1章の最終話「誓約」をアップします。
それに伴い、追億編はいったん隠しております。
また時機を見てUPしますので。

30話程度で終わるはずだった第1章の漂流編も気がつけばこんなに長くなりました。
とりあえず一区切りですが、次章も少しずつ書きためようと思ってます。

コメントはとても嬉しいですが、お返事を書けるかがわかりません。
それでもよろしければという身勝手なお願いと共にコメント欄は開けておきます。

いつになるか未定という体たらくですが、案はあるので完結させるつもりではいます。


ではまた、そのうちに。




YUKA





【続きを読む♪】
関連記事

お知らせ♪


 飾り12 



YUKA’sレシピ♪からの

お知らせ


誓約の更新もままなっておりませんが今日はちょっとお知らせです。
私のもう一つのブログ
YUKA'sレシピ♪




本当か?本当なのか?
と私自身が半信半疑で、ずっと沈黙を守っていましたが
今回OKを頂いたので、ちょっとご連絡を。


このたび、宝島社さんから
お弁当本を出版させて頂くことになりました。


タイトル

YUKA'sレシピ♪
作りおきで時短弁当


発売日は2月6日金曜日の予定です。




まだ画像がないのですが~(今まだ私のチェック待ち?)
ツイッタ―で教えて頂いて
予約開始されていることに気付きましたw
なんという体たらく^^;


コンビニ受け取りができるようです(←良くわかっていない
セブンイレブン→






プロでも料理上手でもない
ただ、料理は大好きな一般人のお弁当が本に。

ブロガ―本は見たことがありますが
まさに、まさか。でした。
芸能人でもないのに
ドッキリかも?とか疑いましてw
撮影後も「お蔵入りになったりして~」と最後まで疑っていました。
担当様!す、すみません!(笑)


見たことあるわ~~とか
はじめてみた!とか
私らしいお弁当を、と意識したお弁当は
全てブログ未掲載!
全部本用に作って撮影したんです^^

ここに毎回来てくださる方も
見たことのないお弁当箱で詰めているのもあると思いますので
楽しんで頂けるのではないかなと思います^^

私が普段使わない2段弁当箱もあり!
お弁当の種類ごとに
丸型、四角、丼用と3種類に分けてあります。
新しいお弁当箱を使うのは戸惑ったけど楽しかった~。
もちろん、普段使っているお弁当箱も登場。
いくつかイエシゴトのコラムも書いてます。
間違い探し?もできます(笑)


私にとっては普通なのですが
常備菜で時短しているので
ちょっと凝った盛り付け方をしていたりします。
全て真似を、ということではなく
こんな風にするのもありだよね、という感じで
「なにか1つでもヒントになったらいいな」
そんな想いで作っていました。


レシピが美味しいかは別として(←ぉぃ
いや、ホント別にして(笑)
お弁当作りが楽しめるキッカケやヒントになれたら本望です。


YUKA








飾り12 
関連記事

御無沙汰しております。



お久しぶりです。YUKAです。
皆様お元気でしょうか。
私の2014年は少し体調の変化もあったり、仕事が思いのほか忙しかったり、色々ありました。今は相変わらずバタバタした日々を送っております。料理ブログは更新していましたが、創作に時間がとれず、優芽の樹が放置状態に。完全に広告が出るというほどの長期ほったらかし状態を何とかしたいと思っていましたが、なんと明けて2015年になってしまいました。

この間に、TOPに据え置いておいたリンク集記事が不調になってしまいましたので、一旦TOP記事を外しておきます。各記事へは右のカラムにあるカテゴリーからお願いいたします。

出来れば2015年は、制約の地・追憶編を書きすすめたいと思っていますが、定期更新をすることができるかどうか、年始から自信がありません(笑)でもそんなことを言っていると10年ぐらい経ちそうなので(ぉい!)ちょっと誓約の地の創作話でも。

実は誓約の地・追憶編を書きすすめられなかった理由は、私の大失態にあります。
続きは追記にて。




【続きを読む♪】
関連記事

優芽の樹の掲載小説・どこから読めばいいの?という方に。

優芽の樹掲載の小説「誓約の地」


枠21
【続きを読む♪】
関連記事

2013年ごあいさつ



a0830_000520_m1.jpg


今年一年、色々ありました。
特に健康には気を付けよう~と思いなおした締めくくり。
色々な方にご心配をお掛けしてしまいました。
やさしい気持ちをたくさん頂いて、何とかここまで来れた気がしています。

まだ暫く定期検診には通うことになりますが
早寝早起き、気を付けます(笑)
またきっと、来年も色々あると思うのですが
めげずに挑戦も継続もしていこうと思います。


優芽の樹
今年は急激に更新の途絶えた一年になってしまいました。
お友達のところにもほとんど遊びに行けず、コメントのお返しもままならず
本当に申し訳ありません。


創作時間はなかなかとれず、スランプと言うほどのものでもない癖に
誓約の地も放っておきっ放しで。
本当にどうしたものかと思っているのですが
料理ブログと違い、思うようにいかないですね。
来年はどうなることやらと思っていますが、ココを閉める気はありませんので
長い目で見て頂けると嬉しいです。

ココを覗いてくださった皆様
仲良くしてくださった皆様
一年間、本当にありがとうございました。


年始のスタートはいつになるかは決めていませんが
たぶん、ツイッタ―では呟いていると思います(笑)
生存確認は右サイドのツイッタ―ボタンをクリックで。


相変わらずな私ですが、来年もよろしくお願いします。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。