FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

占い

女性は本当に占いの類いが好きだなぁと思う。

少し前、打ち上げに参加した。仕事仲間と卒業生で総勢20名ほどだったかと思う。一応、主賓の1人だったわけだけれども、仕事で少し遅れて会場に着いた私のせいで乾杯がやり直しになってしまった。まさか1人1人全員とグラスを合わせて乾杯する羽目になるとは思わなかったけれど、冒頭からみんなのテンションが高く、なかなか面白い会だった。

お酒も入って和やかな時間が1時間ほど過ぎたころ、20代の女子がわちゃわちゃと集まって奇声を発しはじめ、何ごとかと思って聞いてみたら「動物占い」なるもので盛り上がっていたらしい。凄く当たるんです、と誰かが興奮気味に説明してくれた。私は「○○占い」というものをあまり信じないタイプなので、自ら占うことはないし、自ら占ってもらいに行くこともないが、女の子たちが楽しそうにしているのを見るのは目に楽しい。だから楽しそうだなー良かったなーと他人ごとのように思っていたのに、いつの間にかわらわらと取り囲まれて占われる羽目になってしまった。

どうやら生年月日で検索する占いらしく、私の占いを敢行して盛り上がっていく。占いの結果は概ねいいことが書いてあって、まぁ確かに当たってるねということも多かったのだけれど、生徒たちが爆笑しながら「やっぱり!」「確かに!」「ウケる!」「わかる!」と連呼していて、占いの結果もさることながら、「そうか、私はみんなにそう見られていたんだな」とむしろその反応の方に思わず笑ってしまった。楽しそうでなにより。

動物占いには最後に職業診断というものがあるらしい。余曲折を経て常々今の仕事が「好きだ」「天職だ!」と公言しているので、今更自分に合うという職業を提示されても困惑しか無いので占う必要を感じなかった。今の仕事に就く前の、今に繋がる前職もなんだかんだあったけれど「天職!」と思っていたのであまり当てにはならないが、苦しいことも嫌なことも傷つくこともひっくるめてやっぱり好きなんだなぁとしみじみ思っている。

そんな私の考えは酒と女と若さというパワーの前では無力に等しいので、心の中で呟くに留めておいた。いつの間にか人だかりができていて、案の定、結果を読み上げる楽しそうな奇声が上がっていたのだけど
「先生、不向きな職業に『教職』って書いてあります」と笑われた。
…おぉい。


やっぱり、○○占いは信じないに限る。



関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。