QLOOKアクセス解析

私の中の復活祭

イースター(Easter)
日本語でいうと復活祭にあたる日です。日本では(クリスチャンでなければ)馴染みの薄いこの記念日は、キリストの復活を祝う日ですね。イースターはキリスト教において最も重要なお祝いだそうで、十字架に架けられて亡くなったイエス・キリストが亡くなった3日後に甦った事を喜び記念する「復活際」
イースターは毎年日付が変わります。「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められているからです。日本を含め現在多くの国で使われているグレゴリオ暦を使い、西方教会(ローマ・カトリック、プロテスタント、聖公会など)に合わせれば、2013年のイースターは3月31日。
私はクリスチャンではないのでこの日を祝う習慣はないのですが、このところ色々考えていたことがあって、今日の記事は「誓約の地」には全く関係ない記事を更新。

クリスチャンでもなければ、欧米に住んでいるわけでもない。人を導いたり、救ったり、愛を説いたりなんて出来るはずもない、普通の日本女性であるYUKAの心に起こった、ささやかな復活祭のお話。



image.jpg
 突然ですが、このところずっとブログを休載しようかと思っていました。
 たぶん、少し忙しさに負けていたのだと思います。でも一番は、私自身が少しめげていたんだと思うのです。

 私がブログを休載しようと考えたのは、実はこれで3回目です。
 はじめはまだブログをはじめて1~2カ月の頃。右も左もわからず、手探りではじめていた優芽の樹。少しでも読んで頂きたくて交流していきたくて、コミュを覗いたり、ランキングに参加したり、ブログ訪問を繰り返したりしていました。そんな中、とてもよくしてくださる方にたくさん出会えて、ブログライフが楽しくて仕方がなかった頃、とても仲良くしてくださっていた……と思っていた、そしてとても慕っていたブロガ―様から絶縁状を叩きつけられた時でした。

 ある心ない方と戦っていらしたその方を励ましたくて、ランキングの応援をしながら毎日ひとことコメントを残していたのですが、何だか雲行きが怪しくなっていったのです。
「応援もしてないのに応援したっていわないで」「そんなに自分だけ上位にいたい?」「みんなを騙して1位になっているんでしょう?」「解析すればお見通し」となじられて、何度クリックしても応援してないとうそつき呼ばわりされ、何がなんだかわからないまま絶縁され、結局ある方との戦いに疲れてブログさえも辞められてしまわれたその方の言葉と態度に驚くほど傷ついて、ランキングもコメント書きも、ブログさえも怖くなってしまった頃。

 今でもその頃の恐怖が少し残っていて、コメントを書き込むことを躊躇することがあります。あの時私を救って支えてくれたのは、同じ新米ブロガ―であった「なによし」さんでした。彼女はきっと何もしてないと言われるかと思いますが、あの頃の私にとって頼れる、話せるブロガー様は彼女しかいなかったのです。彼女がいなかったら、私は3カ月を待たずにブログをやめていました。




 2度目は、昨年母が亡くなった時。何だかぐるぐると色々なことを想って、ブログにまで気が回らなくて、もういいかと思ってもいたのです。母が好きでした。でも母とは決して全てがうまくいっていたわけではありません。ほんの少しのすれ違いが積み重なって、うんざりしていた時期でもありました。

 そんな母に決まった心臓手術。専門病院で驚くほど多くの同じ手術をこなされている、母の信頼する先生が執刀でした。絶対はないけれど、よほどのことがない限り成功して戻ってくるいうことでした。母の病室の隣のベッドには10日程前に同じ手術を行った母より20程年上のおばあさまがいて、その元気なお姿に励まされてもいました。一番怖いのは術中での心破裂だと言われていたのです。年間凄い数をこなされる先生が数年に1度起こるかどうかという確率の限りなく低い、でも起こったら間違いなく助からないと言われるその危険が、まさか母の手術中に母を襲うとは夢にも思わず……。「行ってきます」と元気に手術室へ見送ったまま、もう二度と会えないなんて思わなかったのです。決して楽観していたわけではありませんが、それでも成功して帰ってくると信じて疑いもしなかった浅はかな自分。

 あの時私を支えて励ましてくださったのは、仲良くしてくださっていたお友達のブロガ―様でした。私のブログにリンクさせてくださっているブロガ―様のほとんどが、そして小説を読みに来てくださっていた方々が、私を気にかけ、それぞれの言葉でエールを送ってくださいました。ブログコメントで、メールで、ツイッタ―で、優しい言葉をかけて励ましてくださった皆様。きっと声もかけづらかったでしょうに、それを押して言葉をかけてくださった気持ちが有り難くて嬉しくて、何度も何度もコメントに涙したことを憶えています。

 その中で、お返事もかけない私のために日参して、毎日のように声をかけてくださっていたのはHIZAKIさんといちごはニガテさんでした。そっとしておこうとコメントを控えていらした方の多い中で、他愛もない日常のお話から控えめな優しい応援まで、毎日毎日声をかけてくださったお2人のコメントが、PCから遠ざかっていた私の携帯に転送されてくるたびに、何度も何度も励まされていたんです。
 皆さんのコメントが私にどれだけ力をくれたか上手くお伝えできませんが、心の弱っている時に届く温かさはこんなに沁み入るものなのだとあらためて気付いたのでした。




 そして3度目。
 これにはキッカケという大きなものはありません。ただ、なんとなく忙しいというだけで。私にとっての創作はとても楽しいものですが、手の遅い私の創作はかなりの時間を使います。仕事のスタイルを変え、会社勤めから離れたフリーの仕事と、その仕事に係る家での作業、取得を目指す資格。
 大好きな人との時間も作りたい、自分のこれからも考えなきゃ。そんなことを想って計画を立てても、なかなか時間が足りない気がして。

 きっと心優しい皆さんは、自分らしく、無理しないでと言ってくださるでしょう。コメントも訪問も気にしなくていいと。もしかしたらお返事を書く私の労力と時間を考えて、コメントをすることさえ控えられるかもしれません。でもそれは違うのです。私は楽しく交流したいのです。記事を読みたいし、コメントも書きたいし、コメントも頂ければ素直に嬉しい。子供のように我がままですが、それがずっと私を支えてくれていたものだからなのです。小説の更新だけであれば、MNに書けばいいと思っています。この「優芽の樹」は私が皆さんと交流するために続けているツールでもあるのです。

 でも、それならどうするの???って思われるでしょうか。どうしたいの?って。
 私自身がわからなかったのです。無理しているのかなぁと思いながら、でも、楽しいんだよなぁと悩んでみたりして。すっぱりやめてしまえば悩まなくても済むかな? と思ったのも事実なのです。上手く言えませんが、私自身がどうしたらいいのかということなのだと思うのです。でもそれがわからなくて、それを考えているうちにぐるぐる悩んで、嵌まっていたんです。自分に。物理的に忙しい時はもちろんあるのですが、私の場合、忙しいという時は決まって自分に余裕がないだけだからです。

 そんな時、あるブログに出逢いました。八少女 夕さんが運営する「scribo ergo sum」です。
 キッカケは敬愛する心優しいブロガ―様であるcanariaさんの記事でした。そこから飛んで覗かせて頂いたブログには、私が感動するお話が綴られていました。短編をいくつか読んで、また読ませて頂いたお話で確信しました。書くことに慣れ親しんでいる方だとすぐにわかるほど素晴らしいお話達と、精力的に記事と小説を書かれているブロガ―様に感動してしまったくらいです。
 素晴らしいお話にたくさん出会ってきました。リンクさせて頂いているブロガ―様はもちろん、コメントすらできないけれど密か楽しんでいるお話もイラストも日常を切り取った日記や散文もたくさんあります。そんな素敵な作品の中で、物書きとして私の手が震えるほど動揺したお話は2作目です。1つ目は好きが昂じて勝手に2次小説まで書かせて頂いているcanariaさんの【侵蝕恋愛】でした。2人のお話とも、私では出せない世界観が鮮やかに浮かぶお話で、読み手としてだけでなくこんな風に書きたいと思わせる作品たち。忙しいといいながら、睡眠時間を削ってまで読みました。

 八少女さんは、私よりもずっと長い間、ものを書いてこられた方です。だから自分と比較などする必要などないですし、そういうわけではないのです。ただ、私は感動したんです。私の心が感動を欲していたのかもしれません。そして私は、自分が物書きだというのが恥ずかしくなるほど素敵だと思える作品を、夢中になって読ませて頂いて、やっと思い出したんです。私はやっぱり書くことが好きなんだと。やっぱり楽しいんだってことに。
 私にはこんな風に感激できる作品は書けないかもしれないけど、それでも楽しく書きたいと思い出させてくれるブログであり、出会いが憧れと尊敬に変わったブロガ―様でした。

 で、ブログの休載をやめたんです。やめるのをやめようと(笑)
 細々とでも、グダグダとでも、小説だけでなくても、このままいこうと。
 
 元来私はポジティブな人間です。楽観的という感じで、落ち込んでもすぐに立ち直り、意外と忘れて前を向けるタイプだと思っています。結局は私の気持ち一つの問題だったのだと思います。たかがそんなことに、この数カ月悩んでいたなんて笑ってしまうほど。私はいつもこうして、現実でもネットの世界でも、出逢った人に救われて今に至ります。それはとても幸せなことだなと思うのです。



 奇しくも、今日は3月末日。四季の変わり目であり年度末にしてイースター。
 だからといって私は誰かを救うわけでもなく、大きな使命があるわけでもない。もちろん歴史に名を残すこともありません。
 ただ大好きな方々との交流と楽しい創作をゆっくり続けていこうと気持ちを持ち直せたことを祝う日。
 もしかしたら、また素敵な出会いがあるかもしれないと思えるようになった自分に笑えた日。

 だから今日は、落ちて落ちてめげていた私のささやかな復活祭。
 生まれ変わるとか蘇るとか、そんな大げさではないけれど、少しだけ心が軽くなった私の復活祭なのです。





関連記事

Comment

今晩は~
いいお話ですなあ

(メ・ん・)?

>その中で、お返事もかけない私のために日参して、毎日のように声をか>けてくださっていたのはHIZAKIさんといちごはニガテさんでした。そっと>しておこうとコメントを控えていらした方の多い中で、他愛もない話から控>えめな優しい応援まで、毎日毎日声をかけてくださったお2人のコメント>が、PCから遠ざかっていた私の携帯に転送されてくるたびに、何度も何>度も励まされていたんです。

その節は

他愛もない話ばかりで 申し訳なかったです

今も変わりはしませんがww

心の内では 応援してるのですけどね

頑張れ~頑張れ~と

聞こえないかもしれませんがw


まあ ボクは気がなが~~~~いので

ゆるりとお待ちしてるだけですけど♪


  • 2013/03/31 18:57
  • いちごはニガテ(゜o゜)
  • URL
こんにちは
今日はYUKAさんの心の節目の日だったのですね。
記事を拝見して、ブログを始められてから現在までの、YUKAさんの心境の変化が、鮮やかに駆け巡ってくるようでした。
ネットを始められたばかりに起こってしまったすれ違いは、本当に悲しく、辛い出来事でしたね。
また、心の内で思っていることを、言葉で伝えられる皆様が本当に素晴らしいと、思いました。
人との関わり方は、人それぞれあるかと思うけれど、やはり「言葉をかける」というのは、YUKAさんも仰っているように、勇気がいる場面もありますし、躊躇することも多いと思います。
YUKAさんご自身が、いつも優しく、皆さんが傷ついた時に、躊躇うことなく手を差し伸べて下さるから、周りの皆さんもそんなYUKAさんの為に、言葉を自然に運んでくるのだと思うのです。

YUKAさんが、素晴らしい皆様のお言葉に励まされたように、私もYUKAさんに励まされてばかりなんです。上手くそれを言葉で伝えられないけれど、いろんな場面で、またきっと、私の見えないところで、おそらくして下さっていた、YUKAさんのお優しさや、お気遣いやフォローを感じていました。でも、感じるだけじゃなくて、もっとそれを言葉や態度ではっきり伝えられるようになりたいなあ・・・と今回のYUKAさんの、復活祭の記事を拝見して思いました^^

今回の記事を拝見して、今のYUKAさんのお気持ちが、とてもよく伝わってきました。ああ、こういうお気持ちだったんだなあ・・・って。気持ちが分かって、ちょっと安心しました。
YUKAさんの心が復活したんだなあって、そのことも感じられて、嬉しかったです^^
すごく正直に書かれていてYUKAさんの人柄が垣間見える記事でした。具体的にどうというわけではありませんが共感する部分がかなりあります。

共感って感動の源だといつも思っています。
何度か止めようと思って、まだ続けてます小心者です。

自分もいろんなことがあって、「もういいや」って気持ちになることは何度かありましたけど、やっぱり自分の中のやりたい気持ちっていうのは捨てられなかったですね。周りの人達に支えられているんだなーって思います。

これからも優奈ちゃん達の活躍(?)を楽しみにしてます。
  • 2013/03/31 22:53
  • 小心者またはチキン
  • URL
いちごはニガテさん
いちごはニガテさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

ふふふ^^いつもありがとうございます。
勝手にお名前をお出ししてごめんなさい。
その節は、本当に本当にありがとうございました。
あの時のコメントが、あの時かけてくださった気持ちが、本当に嬉しかったです。

いちごはニガテさんはたくさんの哀しみや苦しみを知っている方なのだと思っています。
寂しさも哀しさも怒りももどかしさも、色々な感情をいっぱい抱えてきたことのある方なのだと。
ブログでお見かけする哀しみも苦しみも怒りも、とても強く響きます。
繊細で不器用な心を抱えた多くの言葉は、私をとても惹きつけてやみません。


人はそれを忘れていきます。忘れようと努めます。忘れなければ苦しいからです。
でもその気持ちを忘れずに、忘れられずに抱えてきたいちごはニガテさんは、自分だけでなく人のそういう感情にとても敏感なのだと思うのです。
だから人が苦しみや悲しみに沈んでいる時、そこに手を差し伸べられる人なのだと思います。

いつも真っ先に人のために手を差し伸べるいちごはニガテさんを、私は何度も見てきました。
仲間のブログの閉鎖を嘆き、仲間のために絵師様募集を呼び掛け、お礼や励ましの返詩や小説を書く。
そうして真っ先に声をあげられるいちごはニガテさんを、私はいつも尊敬しています。
臆病になりがちな私を、いつも奮い立たせてくださいます。

いちごはニガテさんはきっと、優しい人だと言われるのがお嫌かもしれません。
優しいって何?って、逆に問いかけられてしまいそうです^^
それでも私はやっぱり、いちごはニガテさんを優しい方だと思います^^

いつもいつもいちごはニガテさんらしい言葉で励ましてくださってありがとうございます^^
応援、心にちゃんと届いていますよ^^
そして待っていてくれるその気持ちに、少しづつ答えていけるように頑張りますね^^


  • 2013/03/31 22:57
  • YUKA
  • URL
  • Edit
canariaさん
canariaさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

そうなんです。このところ色々考えていて、珍しく鬱々と悩んでおりました^^;
不用意に投げかけた言葉で、canariaさんにもご心配をお掛けしたのではないかと思います。

ネットを始めた頃、そしてやめようと思った頃。
たかがネット。されどネット。
星の数ほどあるブログの中で、交流を重ねられる方々はけっこう共通していて、意外と狭い世界だったりすると思います。
あの頃の私は、あの件でまるで他の皆さんにもそう思われているのではないかと疑心暗鬼になっていました。
手が震えて、暫くお話を書くことすら躊躇っていて、それでランキングを外したり、MNへ小説を移行したりもしたのです。
いまだに何があったのかわからないままですが、もう囚われることもほとんどなくなりました。
私には私が築いてきた仲間がいると思えるからです^^

私は臆病ものです^^でもお節介でもあるんです(笑)
それが時に「大きなお世話」になるのでは?と悩むこともありますが
手を差し伸べる優しさもそのことで救われる気持ちも、交流してくださる皆さんから教わった気がしています。canariaさんもその一人なのですよ!^^

私の方こそ!!canariaさんに何度励まされたかわかりません。
その人を思いやる優しさに、真摯で誠実に向き合おうとする真面目さに。
苦しい時にはいつも駆け付けて言葉をかけてくださったこと、忘れていません^^
私もcanariaさんのようでありたいと、いつも思います。

canariaさんはどうしていつもそんなに人の心の機微を汲み取れる人なのだろうと思っていました。
きっと色々な感情を心に留めて、そしてそれを共感という優しさに変えられる人なのですね。
哀しみや苦しみや嘆きを知っているから、相手の立場に立って考えてあげられる。
言葉にするのはたやすいですが、それはとても難しい。
canariaさんはそれができてしまう、とても人間力の高い人なのだと思います^^

canariaさんの作品に、そしてcanariaさん自身に出逢えたことは、私にとって本当に幸運でした。
それが人の縁というものであるならば、なんて素敵なものなのだろうと何かに感謝したいと思うほどです。
私が常日頃canariaさんに感じている敬愛と感謝を上手く伝えることができませんが 
何かあれば、いいえ何かなくても、真っ先に駆け付けたいと思うほど大切な友達だと思っているのです^^

きっときっと、色々ご心配をお掛けしたのではないかと思っています。
共感力の高いcanaraさんには、色々とお見通しな気もしていてますが(笑)
少しずつ復活してきたんです。思ったより見失っていたようです(笑)

これからも少しづつ頑張っていきますね^^
どうかずっと仲良くして頂けたら、そう思っています^^


  • 2013/03/31 23:27
  • YUKA
  • URL
  • Edit
甲辰さん
甲辰さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

ありがとうございます。少し落ち着いたからこそ書ける話しもありますが、正直に書いていますね(笑)
私は心の内を書くことが少し苦手なのですが、こういうことも少しずつしていこうかなと思っています。

ブログを続けていると、色々なことがありますよね。
嫌な想いをするばかりではない、いいことばかりでもない。
ネットの世界、ブログの世界ではありますが、意外とリアルな現実とさほど変わらないのかもしれません。

甲辰さんが営まれているお仕事の世界は、世間の闇、人の闇をも垣間見れてしまうお仕事な気がしています。
そこには色々な人の生活や心が零れていて、甲辰さんはきっとそれを真摯に見つめてきているのだろうと、記事を読ませて頂くたびに思います。
私の知らない世界のお話も、楽しい日常記事も、そして占いも^^とても楽しく拝見しています^^


>共感って感動の源

本当にそうですね!素敵な言葉です。
共感するからこそ感動もできるのですよね。
私の心の内を読んでくださって、本当にありがとうございました!^^

  • 2013/03/31 23:37
  • YUKA
  • URL
  • Edit
Happy Easter!

なんて素晴らしいお話なんだろう、みなさん、確かに素晴らしいブロガーさんだもの、うんうん、と感激して読み進めて、後半部で腰を抜かしました。えっ。これって、もしかして、私のこと?

本当に、恐縮です。いや、読んでいただいただけで感激なのに、過大なるお褒め言葉にどうしていいかわからなくてウロウロしてしまいます。

最初にやめようと思われた時のショック、それからお母様を亡くされた時の辛さ、どちらも簡単に「大変でしたね」では言い尽くせない打撃だったと思います。それを支えてくださったのが、こちらや他の方のブログのコメント欄でお見かけする皆さんの暖かいコメントだったというのも、本当に納得できます。これだけの人氣ブログであればコメント欄返信一つでも大変なのはもちろんですが、それらの言葉の一つひとつがYUKAさんにとって大切な宝であることも実感としてわかります。

YUKAさんがきっかけはどのようなものであれ、「やめるのをやめた」と思ってくださったことに感謝したい氣持ちでいっぱいです。ブログを続けると、かならずどこかにはマイナスの部分もあるのだけれど、それを補う山のようなプラスのエネルギーをYUKAさんは得て、それを倍増して私たちや他のブロガーさんに降り注ぐ方だと思っていますので。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
  • 2013/03/31 23:43
  • 八少女 夕
  • URL
  • Edit
小心者またはチキンさん
小心者またはチキンさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

小心者またはチキンさんにもあったのですね。
そうですよね~~。
ブログを続けていると、様々な理由で色々な想いを受け取りますよね。
自分の中の声――本当にそういうことなのだと思います。
時間を削って、それこそ逃避なのでは? と思うことすらありますが
やっぱり楽しいってことが一番の理由なのだと思うのです。

ネットの世界とはいえ、多くの人とかかわって支えられていると思います。
それがブログの良さでもあり、楽しさでもあるんですよね^^
私もやっぱりこの「優芽の樹」が、物をかくということが好きなのだと思います^^

優しい言葉をかけてくださったこと、忘れていません^^
そうして応援してくださる気持ちがとても有り難くて嬉しいです^^
優奈たちの活躍~~~~^^
グダグダと悩み続ける彼らではありますが、頑張って書いてあげたいと思います^^
よかったら、見届けてあげて下さいませ^^


  • 2013/03/31 23:44
  • YUKA
  • URL
  • Edit
八少女 夕さん
八少女 夕さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

はじめに、勝手にお名前を出してしまって申し訳ありません。
お伝えにコメントを書きにいこうと思っていたら、先にコメントを頂いてしまいました^^;

はい。素敵な方が多いですね^^もう何度も何度もそのことに救われてきました。
皆さん当り前のように手を差し伸べて、傘を差し出してくださるのです。
それは今までネットでの交流というものを知らなかった私にとって驚くべき幸福でした。

最初の手痛い洗礼は、いまだに何があったのかわからないでいます。
疲れ果てて、病んでしまわれたのだろうと思うのですが、あざけるようなコメントの数々に私まで病んでしまったのだと思います。なによしさんがいなかったら、きっとやめていたと思います。

このところ、少し疲れていたのです。完全に現実の世界での生活で。
それを何とか払拭したくて、canariaさんとのコラボを書かせて頂いていたのです。
その最中に、夕さんの企画に参加されたcanariaさんのイラストを見て、新しい交流を避けていた私が気合を入れて覗きに行ったところが八少女さんのブログでした。
新しい交流を避けていたのは、私自身が忙しさでなかなかきちんと交流を続けられる自信がなかったからなのです。相手の方に失礼にならないように、そっと覗くだけで通り過ぎることが多かったのですね。

でも読ませて頂いて感激しました。
写真記事を追うようにして色々拝見させて頂いて小説に進んだのです。
はじめは「大道芸人たち」でしたね^^
いくつかの短編の後、先日読破した「樋水龍神縁起」で、私もまた書きたいと思ったのです(笑)
なにか書きたい! と^^

読み手として楽しんでいただけでなく、書き手としても感動しました。
楽しそうに綴られている記事達が新鮮で、忘れていたことを思い出したような気がしたのです。
もう本当に、覗きにいかせて頂いて読ませて頂いてよかった!と心から思います^^
canariaさんにも感謝です^^

そうですね。
色々なことがありますが、楽しいことも詰まっているブログでの交流。
やめると悩んでいたのがバカみたいだと思えるほど、今はとても気持ちが軽いです^^
私の方こそ、私の心の霧を払拭してくださった夕さんと夕さんの小説達に感謝でいっぱいです!^^

こうしてたくさんの方の想いに支えて頂いてYUKAが存在しています。
これを少しでもお返ししていけたらなぁと思うのです^^
だからまだまだ頑張ろうかなと思います^^

こちらこそ、これからもよろしくお願いします^^
  • 2013/04/01 00:08
  • YUKA
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/04/01 00:37
鍵コメKさん
鍵コメKさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

記事を読んでお話から感じていましたし、
仲良くされているブロガ―様も心配なさっていたので存じ上げていましたが
とても辛い想いをされたんですね><。

本当に、時々攻撃的になる方っていますよね。
そうでしたか。
私の知っている方でしょうか?
ブログは数ありますが、創作ブログの世界ってけっこう狭いのですよね。
真意が伝わらないのは本当に辛いですね><。
私も当初の手痛い洗礼は、当時交流の被っている方も多くて本当に悩みました。
リンクを外してくれと、遠まわしに記事にまでされましたからね(苦笑)

鍵コメさんのブログの再開、本当に嬉しかったです^^
鍵コメさんがそこまで気を使われているのをお聞きして、私まで心が痛いです。
でも無理をしてまで交流しなくてもいいと思います^^

私も鍵コメさんを応援しています^^
この先も楽しく続けていきましょう^^

  • 2013/04/01 00:48
  • YUKA
  • URL
  • Edit
YUKAさんの決意表明、あるいは心の叫び、読みましたよ。
そうですね、大変だったねとか頑張ったね、とか
そんな簡単なことじゃないんですよね。
たぶん、この約2年のあいだ、色んな、言葉では表せないくらいの激動を
背中に抱えて突っ走ってきたんじゃないでしょうか?
お母さんのこともそうでしたし、ブログの内容のことで大変
悩まれたりもしてましたし、今の仕事もそうですね。
でも、そういう多忙と悲しみと喜びとかごちゃ混ぜの日々を
四苦八苦しながらもただ前を行ったYUKAさんの姿は、僕らも何度勇気づけられたことか・・・。

YUKAさんが復活と心に決めた今がYUKAさんのブログにとっての分岐点なんだなと思います。
どうでしょうか?
今、ただ、前を見て走った日々を思い返して、
ずっと前を見たままでしたが、後ろを振り返ってみてどうだったでしょうか?
たぶん、その思いはYUKAさんにしか分かりませんが、
決して、悪かっただけじゃなかったはずです。
良かった日々の対価には、やはり悪いこともあったでしょう。
でも、悪い日々の対価には、絶対良かったこともあるはずです。

YUKAさんの文章を読んで、なんていうんだろう?
『感謝』もあるんですが、YUKAさんの気持ちをここでひとつ置いてみた、そんな風にも思えました。
きっと言葉にすることで、靄がかかってる何かが少しは見えてくるんじゃないか?
なんて、思っちゃいました。
って、そんな勝手な憶測を読んじゃってますけど、それは僕の勝手な思い込みなのでね(笑)
あんまり気にせず、スルーしててください(笑)

でもでも、僕が少し思ったのは、ここで知らないYUKAさんがいたわけで、
最初に交流のあった方との確執があったようですが、
うん、
YUKAさん、まだ、引きずってらっしゃるんですね・・・。
何ていうんだろう、それ、嫌というほど、気持ち分かるんです。僕もそうでしたしね。
ただ、違うのは、僕が責めてしまった側なんです。
だからね、痛いほどわかるんですよ。
傷ついた側も傷つけてしまった側の気持ちも。
そして、その言葉の重みもね。
悲しい思い出もあると思うのですが、それ以上の思い出で薄れていくといいます。
でも、このことがあったから、人とのかかわりを大切にしようと思ったんだろうなと僕は思います。
辛い経験だったと思います。でも、きっと相手はYUKAさんのこと、恨んでませんから・・・。
むしろ、相手の方が後悔してるんじゃないかな?って僕は思うんです。
人を傷つけたその痛みは自分に跳ね返るといいますが、本当です。
YUKAさん、どうか、その方を許してあげてください。
きっと、そんなん、YUKAさんなら分かってるんでしょうけど、
許すことで、YUKAさんの気持ちもまたひとつ区切りがつくと思うので。
文章が長くなってしまいましたが、最後にひとつ。
YUKAさんはまだ大丈夫!
ここで一休みしたから、また明日から次の新しい一歩を踏み出すと信じていますよ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/04/01 13:24
ペレさん
ペレさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

読んでくださったうえにコメントまで、本当にありがとうございます。
いえいえ、頑張ったねでとても嬉しいですよ^^「良くやった。よしよし」で(笑)
あまりにも駆け抜けて一生懸命だったのかもしれません。
でもそれはとても楽しかったからでもあるのです^^

ペレさんには、いつもいつも節目節目で声をかけて頂いて、
その言葉の一つ一つが毅然としていて温かくて、いつも励まされておりました。
感謝の言葉をどう表していいのかわかりませんが、いつも本当にありがとうございます。

はじめのブロガ―様とのすれ違いは私もまだ何もわかっていない頃のことでしたので
何がなんだかという感じでしたから、引きづっている。。。そうかもしれません。
もう普段気にしているわけではないのですが、ふとした拍子に「あ」と怖くなることがあります。

でも恨んでも怒ってもいないんですよ^^
許すとか許さないとか、そんな偉そうなことでもないのです^^
ただもし私が少し憤りを向けるとするならば、私以上に心優しいブロガ―様にまで攻撃をしたこと、でしょうか。
それだけは理不尽だと今でも思っています。
だからそういう意味では、まだ赦していないのかもしれませんね。
もう言葉を交わすことも出来ないかも知れませんから、
どうしてもあの時のまま時が止まっているのかもしれません。

でも、あの時私は精一杯誠意を尽くそうと努力したんです^^
あれでよかったかというのはわかりませんが、だからもういいかなと思えているんですよ^^

ペレさんもすれ違いを経験されていらっしゃいましたか。
以前どこかでそんなお話をされていたかと思うのですが、苦い経験があるのですね。
やっぱりね。言葉ってとても温かくて、同時にとても強いんですよね。
顔の見えない世界での交流ですから、難しいことも多いかもしれないと思います。
哀しいこともそれ以上のことで薄れていける――本当にそうですね^^

今まさに私は、とても素敵なお友達に出会えて、そのことをとても幸せに感じていますから
もう大丈夫だと思えるんです^^
だからこそ、言葉にすることができたのだと思います^^

母のことは色々な想いが交錯して、なんだかグルグルと廻ってしまうのですが
それでも随分前を見けるようになりました。お姉ちゃんですからね!大丈夫です^^


>YUKAさんが復活と心に決めた今がYUKAさんのブログにとっての分岐点

そうかもしれません!!^^
まだまだブロガ―歴は浅いのですが、それでも色んな事がありましたし
これからもあるだろうなと思うんです。
それでも楽しんで続けられるうちは、それでいいかな? と思えるようになりました。

ペレさんは、今、楽しく創作出来ていらっしゃいますか?
現実の日常はブログとは関係ないかもしれませんが、創作する人間にとって非常に重く大きなウェイトを占めますよね。
私はペレさんも、ペレさんの作品も大好きです^^
かなめちゃん達のこれからをずっと見ていきたいと思いますし、
そのほかの作品もこれから生まれてくるかもしれないと、とても楽しみにしています♪

そうですよね^^
少しだけ気持ちを落ち着けたら、また頑張れる気がしています。
それでもやっぱり忙しい時は忙しいのですけどね(笑)

はい。前を向いてまた歩き出しますよ――!!^^
出来ましたら、これからも仲良くしてください^^


  • 2013/04/01 18:27
  • YUKA
  • URL
  • Edit
鍵コメNさん
鍵コメNさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

お久しぶりですね!!!
いえいえ、私の方こそ、こんな記事を書いているのにお声もかけず本当にごめんなさい。
私は鍵コメさんのおかげで、今まだこうして「YUKA]としてブログを続けていられるのです。
それは本当に本当で、鍵コメさんとの出会いは私の宝ものなのです^^

あの時はお互いどうしていいかわからず、本当に苦しかったですね。
あの件以外にも、私は何度も鍵コメさんの言葉に、その優しさに救われてきました。
あなたがいれば、あなたが信じてくれればいいやとさえ思っていましたから^^

今、鍵コメさんも色々なことを考えていらっしゃるのですね。
書いてくださったコメント、凄くわかります。
こんな時まで一緒だなんて、なんてタイムリーなんでしょうね(笑)

私もですよ。
こういう記事を書いて「よし」と思っていても、実際には今までとあまり変わらないかもしれません。
来て頂いた方への訪問もほとんどできていません。
辛うじてリンクしてくださっている方のところを覗きにいくのが精一杯です。
ブログ運営が少し辛くなっていますか?
ブログの運営ってね、記事を書いてお返事だけじゃないんですよね。
コメントくださった方のところにも行かなきゃとか、コメントも書かなきゃとか
気持ちが上がっている時は何でもなかったことがちょっと辛く感じることもあると思うんです。

それは嫌だとか強い気持ちでも無くて、なんとなく億劫だったりちょっとだけ面倒だったり
でも申し訳ないなって思えるから、ちょっと自己嫌悪に陥ったり。
人間ですしね。PC画面の向こう側には、見せることのない様々な日常があって、その中で生きているわけで
そういう気持ちがあったとしても、それもしかたないことだと思うんです。

どうしようとグルグル回って、もうやめようかな、でも……という答えの出ない感じ。
わかる気がします。
思いきって休載、または閉鎖を考えることもあると思うんです。
実際ね、私もそうだったので^^

もし私の気持ちを言ってもよろしければ、それでもね、消さないでほしいなと思います。
鍵をかけて暫く見えなくしても、消してしまわなければブロともではありますから^^
何かあった時に、お話できると嬉しいんです。
その状態で読みに来てくださっても、コメントがなくたって
繋がっているなと思えれば、それでも充分嬉しいんですよ^^
私にとって鍵コメさんはそういう存在なのです。
だから出来れば、消えてしまわないでほしいなと思います。
どうか私にも、鍵コメさんと繋がっていられる方法を残してほしいなと^^


母の件では、本当にご心配をかけました。
ブロガ―様に声をかけてくださっていたのですね!本当にありがとう><。
きっとその想いは通じていましたよ^^
きっと色んな方から頼まれていたのかも(笑)
行動を起こせる方って、本当にすごいですよね!私も見習おうと思うんです。
でもなかなかね~~~~~~~(笑)

――と、この辺にして、また別口でもメールします^m^
良かったら読んでくださいね^^

  • 2013/04/01 18:47
  • YUKA
  • URL
  • Edit
頑張らずに頑張って!
難しい問題ですねえ。

続けるも辞めるも結局は本人次第で、気持ちをどう保つかっていうのはなかなか難しいですね。

かく言う私も最近は面倒臭がって、ちょちょいと書いちゃう事が多いです。意欲を維持し続けるって、なかなか大変な事なんじゃないかと思います。

そんな中、YUKAさんは多くのブロガー様に囲まれ、すっごく頑張ってると思いますよ。御自身のペースでいいんじゃないでしょーか。って私が言う事でもないですが……

まあ、無理に頑張らない事を頑張ってみてください(笑)
  • 2013/04/02 02:05
  • バカッパ
  • URL
Happy Easter!!
Happy Easter!です。
この時期が来ると、いつも庭中に隠された卵のことを思い出します。
さて自分はとても無精者なので、ときおり覗いては「すげえ小説進んでる!」とまとめ読みしていたような人間です……。その度に、自分も頑張ろう、と励まされていました。そんな自分には、YUKAさんからとても良いブロガーさんの輪が広がっていっているように見えます。
激動の二年間だったのだな、と読んでいて思いました。
その間、YUKAさんがいろんな方に励まされてきたのと同じで、自分を含めとても多くの方がYUKAさんの日記に、小説に、ほっこりしたり涙したり励まされてきたのだ、ということを一読者の自分ですがあ、らためて伝えさせていただければと思います。本当にありがとうございました。
なんと言いますか、応援していますっ!

なんだか、よくわからないコメントになってしまいましたが、記事を読んでいるうちに自然と湧き出てきたので、書かせて頂きました。
どうも、失礼しました。
バカッパさん
バカッパさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

そうですよね。やはり続けるか一区切りつけるかは本人次第ですね。
そこにはその人それぞれの生活や想いがあって、なかなか難しいです。
楽しい時もあれば、そうでない時もありますから。

私は毎日更新し続けるバカッパさんは凄いと思います!^^
毎日書くことをやめない――小説家を目指すバカッパさんの決意だと思うのですが
それでもお仕事を続けながら毎日更新するというのはなかなか大変なことです。

意欲的に、本当にそうですね。
天気と同じで、人の心も晴れている日ばかりではありませんから。
雨の日も、風の強い日も、どんよりとして鬱々とする日もあるのですよね。

私は前向きに何かをするなら、そのためになら、ブログの閉鎖も止むを得ないのだと思うのです。
でも私のこれまでは、やっぱりちょっと後ろ向きだと思うんですね。
後ろ向きな考えはかならず連鎖すると私は思っていて、
そこに飲み込まれず、少し踏ん張ればまた違う世界が見えるのではないかなと思っているのです。
だから悩んだのですけどね(笑)

色々な方と交流できて、それが私のブログ継続の原動力なのだと思います^^
有り難いことに、遊びに来て交流してくださる方が増えて、本当に幸せですよね。
そういうものをおろそかにしてはいけないなぁとも思うのです。

もちろん、物理的に難しいことはこれからも出てくるでしょうし
精神的に追い詰められることだってあるかもしれません^^;
でも、間は少しだけ前を向けているかな?と思います。

はい、自分のペースで、ですね^^
なかなか難しいですが、頑張り過ぎないようにを目指して頑張ろうと思います^^
コメント、本当にありがとうございました!^^

  • 2013/04/02 18:42
  • YUKA
  • URL
  • Edit
grhoさん
grhoさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

わぁ~~~!!庭にタマゴを埋める!ちゃんとしたイースターをやったことがあるのですね!
昔、卵の殻に色を塗って遊ぶということはしたことがあるのですが
タマゴ探しはしたことがないのです!
そう言えば、grhoさんは留学経験がおありだったのでは無かったでしょうか?
うる覚えで申し訳ないのですが、いいなぁと思ったのを記憶しています^^

いえいえ、私もまとめ読み凄く好きなんです^^
読んで頂けるだけでも幸せですよ! ありがとうございます^^

grhoさんも最近お忙しそうですね。
創作好きなgrhoさんが生活の中でなかなか創作出来ていないとおっしゃっているのを見るたびに
大変だなぁと思っていました。
以前お話されていた劇脚本は無事終わられたのでしょうか?^^
実はどんな作品だったのだろうと気になっていました。読んでみたいなと^^

>YUKAさんの日記に、小説に、ほっこりしたり涙したり励まされてきた

そんな風に言って頂けて本当に嬉しいです^^こちらこそありがとうございます!!
母の件では、皆さまと同じように優しい言葉をかけてくださって
本当に本当にありがとうございました。

私ね、皆さんにこんな風に言葉をまた頂けて本当に幸せなんですよね。
グダグダと悩んでいたことを申し訳なく思うぐらいです><。

始めたての頃、1人でも楽しんでくださる方がいる限り続けていこうと思っていました。
それは今でも変わらないのですが、私自身がぐるぐる回ってしまっていて
どこかでそんな気持ちを忘れていたのかもしれません。
それでも忙しいことに変わりはなく、劇的に変わることはできないかもしれないのですが
少しづつまた前を向いて創作していこうと思います^^

私もgrhoさんを応援していますよ!^^
いつも今日は更新されているかな?と覗いちゃいます^m^

学業との両立もまた大変だと思いますが、この先も無理のない範囲で続けてください^^
お忙しいのに、本当にありがとうございました。


  • 2013/04/02 18:56
  • YUKA
  • URL
  • Edit
勝手に返信
ふたたびこんばんはー。
そういえば、いろんなことをぼかしたままだったなぁ、とYUKAさんの返信を読んで思いまして……どこで返信をしようかと思ったのですが、やはりここかな、と。
少し場所を借りさせてください。

>わぁ~~~!!庭にタマゴを埋める!ちゃんとしたイースターをやったことがあるのですね!
>昔、卵の殻に色を塗って遊ぶということはしたことが>あるのですが タマゴ探しはしたことがないのです!
>そう言えば、grhoさんは留学経験がおありだったのでは無かったでしょうか?
>うる覚えで申し訳ないのですが、いいなぁと思ったのを記憶しています^^

実はまだ小さかった頃、六年ほどアメリカに住んでいたことがあるんです。
行っていた学校や幼稚園が、そうした行事をとても大切にしていた所で、「バレンタイン」「イースター」や「メイポールダンス(五月祭)」、「ハロウィーン」「サンタ・ルチア祭」などもやった覚えがあります。友人にユダヤ系の人もいたので「ペサハ」に参加したこともあります。
イースターの卵探しは本当に楽しいですよ!
学校でも家でもやりましたが、後々になって腐りかけの卵が見つかるのは、いつものことでした。留学先のオーストラリアでは時期が合わなくてやりませんでしたが、そもそもやっているのかすらわかりません……。

>いえいえ、私もまとめ読み凄く好きなんです^^
>読んで頂けるだけでも幸せですよ! ありがとうございます^^

連載も好きなのですが、自分はどうしても酒が気になってしまうタイプでまとめ読みをしないと気がすまないんですよね……という逃げを打っておきます。
いつもムーンライトの方で、縦書ビューアを使って読ませていただいてます。

>grhoさんも最近お忙しそうですね。
>創作好きなgrhoさんが生活の中でなかなか創作出来ていないとおっしゃっているのを見るたびに 大変だなぁと思っていました。

実は……ですね。
先月無事卒業いたしまして、今、とても暇といえば暇なのです……。その件についてはブログの方でも書こうと思っているのですが、今はいろんなことに手を伸ばしなが勉強をしています。
その節はご心配いただきありがとうございました。

>以前お話されていた劇脚本は無事終わられたのでしょうか?^^
>実はどんな作品だったのだろうと気になっていました。読んでみたいなと^^

そう、そのこともいつの間にか放置していましたね……。その際、奮闘したのですが結局台本が使われることはなく、既存の台本に決まってしまいました。
それを元に一つ小説に直したものがあるのですが、まだまだ納得の行くものではないので封印してあるのです。また少し手直しをしてUPするかもしれません。
その節は……もしお暇でしたら、ぜひ。

>>YUKAさんの日記に、小説に、ほっこりしたり涙したり励まされてきた

>そんな風に言って頂けて本当に嬉しいです^^こちらこそありがとうございます!!
>母の件では、皆さまと同じように優しい言葉をかけてくださって
>本当に本当にありがとうございました。

いえいえ。
本当に自分のような若輩者には、どう声をかけていいか分からず……YUKAさんを傷つけてしまわないかとビクビクしていました。
傷はゆっくり癒えていくものだと思います。どうか無理はしないでください。

>私ね、皆さんにこんな風に言葉をまた頂けて本当に幸せなんですよね。
>グダグダと悩んでいたことを申し訳なく思うぐらいです><。
>始めたての頃、1人でも楽しんでくださる方がいる限り続けていこうと思っていました。
>それは今でも変わらないのですが、私自身がぐるぐる回ってしまっていて
>どこかでそんな気持ちを忘れていたのかもしれません。
>それでも忙しいことに変わりはなく、劇的に変わることはできないかもしれないのですが
>少しづつまた前を向いて創作していこうと思います^^

YUKAさんの決意表明、受け取りました。
自分も頑張りたいと思います。卒業してから、どうにも創作に手が伸びず、なんだかモヤモヤとした日々が続いていたのですが、なんだか再開する勇気をいただきました。

>私もgrhoさんを応援していますよ!^^
>いつも今日は更新されているかな?と覗いちゃいます^m^

ぐっ……。
亀更新ですみません。今、これからのブログのスタイルについて考え中で、それが決まったらもう少し安定した更新ができると思います。

>学業との両立もまた大変だと思いますが、この先も無理のない範囲で続けてください^^
>お忙しいのに、本当にありがとうございました。

ありがとうございます。
自分はどこか、小説を書くことも、創作することも学業の一つだと考えている所があります。新しい世界を知り、それを理解しようとする一つの手段のようなきがするんですよね。
そういった意味では、学業と両立している……という言い訳はなしにして、頑張って勉強もしたいと思います。
YUKAさんも頑張ってください!!


以上長々と失礼しました
まあ、トラブルがあっても、なんとかなるもんでありますよ人間。

わたしもいろいろとトラブルを起こしてしまったことがありますからねえ……。

思い出すとちょっとへこむなあ(^^;)

それにしても、いいお友達に囲まれておられるようでなによりであります。わたしのこともたまには思い出してくだされ(^^)/
なんだか変な気分ですね。
私もやめようかなと思うことは結構ありました。
なんというか・・・人と人との出会い別れ、ブログを通じて見れるものは全部いいものばかりではないのですが、それでも私は続けていく未来にいいものがあるのだから信じて続けたいですね!

皆の文章も好きだけど、こういう文章をサクサク頭に入るような文章、YUKAさんの文章も大好きですよ!

でも無理して壊れるよりはたまには休んでくださいなw
grho さん
grhoさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

あ!やっぱり向こうに住んでいらしたんですよね!^^
以前聞いた気がしたなぁと思っていたのですが、うるおぼえですみません。
そぅか~人の人格を形成すると言われる幼少期に素敵な想い出がいっぱいなんですね^^
とってもいいことだと思うんです^^
日本は島国ですが、今はもっと外を知らないとですから^^
ところで、ペラペラですか?^^
私も英語は話せるようになりたいと日々思っています。
でもなかなかね~~~~~~~

そして、ご卒業おめでとうございます^^
まさに、これからですね!
色んな事があるかと思いますが、その一つ一つを楽しんでください^^
暇。いいではないですか――!!^^
そういう時間がどんなに大事か、段々感じられることでしょう^m^

劇脚本は残念でしたね。でもなんと、小説としてUP!
またまた愉しみなのです^^
待っておりますので、いつかUPしてくださいね^^


>本当に自分のような若輩者には、どう声をかけていいか分からず……YUKAさんを傷つけてしまわないかとビクビクしていました。
>傷はゆっくり癒えていくものだと思います。どうか無理はしないでください。

あらら。心配をかけてごめんなさい。そして、そんな中でもコメントを寄せてくださってありがとうございました!
私ね。きつい言葉であっても、そこに悪意があるかどうかはわかるつもりなんです^^
年齢も性別も住む地域も違う、それでも交流できるネットの世界。
若輩者だなんてとんでもない!^^お気になさらず^^
現実では交流や出会いのなさそうな方々ともお友達になれる。
それがブログ交流の良さだと思ってますから^^
びくびくされているなんて思いもしませんでした。
本当に本当に嬉しかったですよ^^
私もそういう風に声をかけられる人でありたいと思います^^

創作はね。どうしても村が出てしまうのは仕方ないと思うんです。
お仕事で報酬を頂いている場合はそんなこと言えませんが、
その前のステップではないですか^^
自分のモチベーションのとり方、現実との折り合いの付け方。
これからgrhoさんが作家様として巣立っていく際にも、きっと役に立つと思います^^

亀更新でもいいんです^^
ブログスタイルも考え中なんですね。
そういうのを少しずつ考えていくのも、楽しい時間でもあるんですよね!^^
これからどんな風に変わっていくのか、ゆっくり楽しみに待つことにします^^

学業と創作の両立。
それがなかなかたやすいことではないということを、私もわかっています。
でもきっとgrhoさんなら出来ると思います^^
grhoさんらしいスタイルで、これからも更新してください^^

お返事まで、本当にありがとうございました♪
  • 2013/04/04 19:09
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ポール・ブリッツさん
ポール・ブリッツさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

えぇ~~~~~~~時々思い出すとどころか、忘れたことございません!(笑)
その創作意欲も、作品も、本当に尊敬していますから^^

お体の具合はいかがでしょうか?
それでもいまだに「ポールさんって何人いるんだろう?」という疑問はついて廻りますが(笑)
「ポ―」さんと「ル」さんと「ブリッツ」さんで3人。
少なくとも「ポール」さんと「ブリッツ」さんの2人だなと^m^
違うってわかっていても、あの素晴らしい作品たちを見ると悩むところなんですよ~~~
創作と体調管理は大変だと思いますが、更新をいつも楽しみにしています^^


本当にいい方に出逢えて幸せです><。
誤解を恐れていたあの頃の私からすれば、今は何て心強いお友達が増えたことか。
有り難いですよね^^


そうでしたね。ポールさんも辛い想いをされたばかりでしたね><。
あの時は、本当にどうしようかと、何もできない自分が情けなくて。
どうかこのまま消えてしまわれないようにと祈っておりました。
みなさんやはり、1度や2度は色々考えますよね。
そういうことをお聞きできて「私だけじゃないんだな」と、なんだかちょっと安心しました。
ま、ポールさんの閉鎖は杞憂ですたけどね^m^

復活がどれだけ嬉しかったかわかりません!!
ポールさんは私にとって偉大な先輩であり、追い掛けても遠く及ばない神のようです!^^
この先も、新作・旧作ともに楽しませて頂きます♪

  • 2013/04/04 19:20
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ラルさん
ラルさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!^^

そうでしたか!ラルさんもそう思ったことがありましたか!!
そうですよね><。
皆さん色々な事情で1度や2度は考えることありますよね。


>私は続けていく未来にいいものがあるのだから信じて続けたい

わぁ~~~本当にその通りですね!
現実の生活と同じようにいいことばかりではありませんが、
マイナスとプラスの要素があっても、きっとプラスの要素が大きいと思います^^
それが私にとっては、何よりも皆さんとの交流だったりします^^
ラルさんとも仲良くなれて良かったです^^

私ね。こう見えてもけっこうコメントに消極的でね(笑)
でもラルさんのところは毎日じゃないですがコメントするのが楽しみでもあるんですよ^^
いつも楽しいお返事をありがとう――!!

そうそう。頑張り癖をね~~~直さないと(笑)
ついね。。。ついってなんだww

これも心の癖ですよね~~私の悪癖です^^;;
それで身体を壊しては、元も子もありませぬ。
ゆっくり休むを心がけます~~^^

私の文章も楽しんで頂けてますか?^^きゃあ、嬉しいです^^
素晴らしい書き手様が多いので、その度に感嘆してばかりですが
私もラルさんの文章好きなんです^^
もっともっと読みたいな~~~って思います^^
お返事も楽しみで楽しみで^^
コメント好物も一緒ですよね~~♪

正直者仲間のラルさん!コメントありがとうです♪
これからも仲良くしてくださいね^^

  • 2013/04/04 19:35
  • YUKA
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。