FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

お知らせ&創作者用バトン

本来なら日曜日は「誓約の地」更新日なのですが
いま、少し思うところあって書きなおし中(笑)4月ぐらいからはUP出来ると思いますので
少しお待ちいただければと思っています^^

で、今日は~~
八少女 夕さんのブログでやっていらした創作者バトン。
面白そうで、私もやってみました♪

a0001_007829_m.jpg



結果は追記にて♪
1、小説を書く際、資料などは使いますか?

一応なにかしら使います。って言うか、完全空想では書いた事がないです(笑)
図書館は私のテリトリーにたくさんあるので通います。行きつけの図書館???(笑)
喫茶店併設の図書館なんて、楽園です♪
本屋は紀伊国屋、リブロ、ジュンク堂を中心に行きつけの本屋が10軒ほどあります。
本屋のはしご……そこは東京在住の強みかもしれません。
平日はネットの中をウロウロ。そこで知った書籍を購入もあります。
調べているうちに調べることが楽しくなってしまって、時間が無くなることも多数……。
資料として買った本が面白くて読みふけってしまい、創作時間が無くなること多数(笑)
いや、笑えないって。



2、プロットやフローを用意しますか?

一応用意しています。
自分の中でこのセリフって言うものがある時は、それを軸に構成することも。
書けない時はセリフでキャラのやり取りを書いて、その間を描写で埋めながらセリフを削るという方法をとったり。「誓約の地」はサブタイトルごとにある程度まとめて書くのですが、1から書くわけでは無かったりします。メインシーンを書いて、前後を埋めていくんです(笑)
お礼短編の「終わりと始まり」実はノリだけで楽しく書いてました(笑)4話ごろ、やっとつじつまが……。
【花魁杏絵巻】は2話の後、最終話を書いてから3話を書くという……。



3、小説をどこかに投稿したことはありますか? 

MN版の「誓約の地」をアルファポリスさんの恋愛小説部門にエントリーしたことがあります。
順位は特に記載するほど高くないですが(笑)閲覧・お気に入り登録が増えてかなり喜びました。



4、あなたの小説(文章)で一番影響を受けている作家様は誰ですか?

誰だろう。。。好きな作家様はいますが、「影響されている」ですかぁ。
気にしたことがないですが、セリフ回しは茅田砂胡さんが影響しているかも。



5、あなたの書いた情景描写。そのなかで一番好きなものを一つ。(ネタバレなどは伏せ字でかまいません)


枠11




6、上記の心理描写verをお願いします。




枠12



7、あなたが書いた小説で登場した台詞。好きなのを三つどうぞ。



「自分を好きでもない男を相手にするほどモテなくもないし、他の女に焦がれている男を相手にするほど暇でもないけど――」
「…………」
「人恋しくて眠れない夜は、私が相手をしてあげる」
「……どう、して?」
「私もそろそろ人肌が恋しいから」


誓約の地・96話<濫觴(1)> 杏子&修平






「うむ。そなたの願いがひとつ叶うとしたら、何を願う?」
 太夫は少し考えた後、口の端を少し上げた。
「わっち、夢は……見んせん」
「見ない?」
「はい。わっち達遊女は、しと夜の夢を見せるもの。自ら夢を見ていては、心も体も持ちんせん。遊女にとって叶わぬことの多いが日常――。囚われる夢は毒にございんす」


【花魁杏絵巻】若様の恋 陽之進&天眼太夫





「変化って凄く勇気がいると思う。何の保証もないしね。迷って躊躇って、不安で――怖いのは凄くわかる。後悔するかもしれない。でも何かがはじまるかもしれないでしょう? 終わってしまったら苦しいし哀しいけど、そこで終わりじゃない。終わったことで何かが新しく始まるのよ。それが望んだ結果でなかったとしてもね。何森さんが生きている限り、必ず何かが始まる。始まりのない終わりなんて無いと思うから」



連作短編「終わりと始まり」(5) フューシャ・オーナー




8、あなたが書いている小説の先の展開で、これは! と言う台詞をどうぞ。


「想い出を贈るわ」

出典:内緒





9、執筆中音楽の類いは聴きますか?

書くまえは邦楽。書いている時は洋楽。構想中と推敲中は聞きますね。
電車などで移動中に曲を聴きながら構想して(妄想して)「あ!」と思うセリフや描写が浮かんで、ペンが欲しくなることも(笑)
日を置いて推敲している時は特に必須です。イメージにあった曲を聴いているとのります(笑)



10、日々の生活で、「あのキャラならここはこうするだろう」「あのキャラならこれを選ぶだろう」といった妄想が展開されることはありますか?

あり過ぎて「私って痛いな」と内心苦笑することが多いです(笑)




11、これから小説を書かれる方などに、アドバイスなどがあれば。

私もかけだしなのでアドバイスっておこがましいですが。ネットでも何でもまずは書くことが一番いいのではないでしょうか。まずは書いてみる。そして完結させる。
形式や書き方なんてものもありますが、あまりとらわれず好きなように書いてみる。
プロを目指すわけで無ければ、それがその人らしいスタイルになって、私はそれでいいと思っています^^



12、バトンをよければ五人程に回していただければ……。
 
強制ではないので、やってみたいと思った方はご自由に♪







関連記事

Comment

こんにちは。

バトン、受け取っていただいて、ありがとうございます。
いやあ、本当に、このバトンは創作者の個性がぎゅっと詰まりますね!
YUKAさんらしさが、とてもよくあらわれています。

本屋や図書館めぐりができるのは羨ましいです。私の周りには全くないので、ネットか、Amazonで購入して母に送ってもらうかのどちらかだけ。だからあまり資料のいらない自分の周りの世界のことを書くことが多くなっていますね。

花魁天眼太夫さまの言葉はじ〜んときますね。「誓約の地」の前に、こっちを読もうかなあ。canariaさんとのコラボ小説も読みはじめましたが、やっぱりもったいないので、先に「誓約の地」を読破したいなあと、うろうろしています。
  • 2013/03/25 00:49
  • 八少女 夕
  • URL
  • Edit
非常に興味深く拝読させていただきました。
僕は想像力があまりないのでいつも んなアホな のような状況を探しています(笑)。
八少女 夕さん
八少女 夕さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!

いえいえ~~~楽しかったです♪
私らしい感じが出ていますか?^^
そうですよね。書き手が書いたものを自分でチョイスするので、自然と好みというか個性が出ますね。
それが集まって1つの物語になっていくことで、その人らしいスタイルの作品になるのでしょうね。

図書館と本屋^^
そうなんですよね~~。もちろんネットでも買ったりするのですが、本屋巡りはやっぱり楽しい。
今時の大きな本屋は椅子が置いてあるところが多くて、図書館のように読めたりするんですね。
私は結構購入派なのですぐ買ってしまうのですが、じっくり考えられるのはとてもいいです!^^
意外と引っ越しもするのですが、本屋があることが必須条件だったりします^^
今の住まいはそういう意味ではとても恵まれているので、たぶんまだまだ住むと思います^^

花魁の言葉。哀しいですよね。
昔は今以上に男性社会なので、女性の話は意外と少ないのですが
時代に翻弄されながらも懸命に駆け抜けた女性たちってなんだかとても好きで^^
おお!読んでくださったのですね!^^
どこから読んでいたいてもかまわないのです^^
花魁は番外編といってもかなり独立しているので、本編を読まなくても大丈夫かもしれません^^
一応主要メンバーが登場ですが、10話程なのでこちらからでも^^

コメントありがとうございました!!^^
  • 2013/03/25 19:54
  • YUKA
  • URL
  • Edit
甲辰さん

甲辰さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!!

読んでくださってありがとうございます!
いえいえ!甲辰さんの日常は、もうそれ自体がかなりドラマチックで
知らない世界のお話にいつも興味シンシンです!

語り口も切り口もとても秀逸で、上手いなぁと思っています^^
凄く楽しく読ませて頂いてますよ!^^
是非是非、「鍵屋の事件簿」あたりを執筆してください!^^

  • 2013/03/25 19:57
  • YUKA
  • URL
  • Edit
こんばんは!

淡々として面白かったです。僕が心滅で、せっかく感動したのに、その気持ちを伝えられなかったり、せっかくコメントいただいたのに、喜びの返コメできずお恥ずかしい限りです。いま有給消化中^^
頂いたコメントには何年たってもお返しします!少し待っててくださいませ!

そして、少しづつですけど、鈍くなった感性にヤスリをかけて戻ってきます! そう思えるようになったのも、YUKAさんや、たくさんのお友達のおかげです。絶対に、さよならとか、コメ閉しません(←これは人ぞれぞれですが)、僕の師匠は、なによしさんとYUKAさんと。。。。かぞえきれないです。ぜひぜひ見捨てず。今後もごひいきに。 
HIZAKIさん
HIZAKIさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!!^^

愉しんで頂けましたか?^^良かったです。
今はまだ復調前でしょうか?そういう時もありますからね。
大きくジャンプするためには、一度思いっきりかがまなければいけないのです^^
だから落ち込んでいる時も、心が疲れている時も、きっと必要な時期なのですよ^^
無理はしないで、ゆっくり心を休ませてあげてください。

コメント欄の決意。しかと受け取りました^^
そうですね。ブログをしていてコメントを頂くことは大きな励みになる――
ブロガ―様なら、皆さんわかることですよね^^
お返事を書くのも、会話しているようでとても楽しいものです。
でも皆さん色々な事情でなかなか思うようにいかないこともあるでしょうから
その人がその人らしくいられるスタイルでいいんですよね~♪
お返事は焦らずに、出来る時でいいと思います^^
いつまでも待ってますし、もちろんコメ欄が空いていれば書きに伺いますよ^^

心の疲れている時は、なかなか創作って難しいですよね。
創作って、少しづつ心の中にあるものを吐き出していると思うんです。色々な形で。
だからストックが無くなっても、疲れていてもなかなか進まなかったり。
ふとしたきっかけで浮上することもありますから^^
私なんて、書けない~~~~~と思うこと、しょっちゅうです^^;
書いたものを見返すと「何で書けたんだろう???」って思うことすらあります(笑)

素敵な友人が集まるのは、HIZAKIさんの人徳ですよ^^
いつも優しい気遣いをされるHIZAKIさん。
とても繊細で優しいその心が疲れているのかな?と感じるたびに、
優しい雨が、暖かい風が、柔らかい光が差すように祈っています。

私はいつでもここにいます。疲れたら羽を休めに寄ってください。
強い風も暑い日差しも冷たい雨もしのげるように、この樹の枝に葉を茂らせておきますから^^

もちろん!!こちらこそ、これからもよろしくです!^^

  • 2013/03/26 23:59
  • YUKA
  • URL
  • Edit
やっぱり書くことが一番ですよね!
YUKA先生の小説スタイルが見れて面白いですw
曲をかけるって面白いですね・・・
私は雨が好きなので特に意味なく雨の音のBGM聞いてるときがありますw
スピーカーとか使わないとうるさくかんじちゃうけどw
ラルさん
ラルさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!!^^

そうですよね!書くのが一番です^^
書き続けることで自分の味が出るのではないかと……希望的観測(笑)
あわわ。先生ではないですが、愉しんで頂けましたか?^^良かったです!

おお!雨の音を聞きながら~~詩的で素敵♪
自然の音ですね。私も雨音は凄く好きです。雨に濡れるのはあまり好きではないんですけどww
私もやってみようかな?^^

音楽はですね。盛りあがるのですよ――!!気分が^^
そのノリで書けることも多いんです。
だから考えている時は邦楽、書くときは洋楽~~~

書いている時に日本語だと、歌詞の内容をぱくりそうで怖い(笑)
混ざっちゃうんですよ。言葉が~~~。
イヤホン、ヘッドホンでガンガン聞いてます^^

今度、ラルさんの創作裏話もやってくださいませ!^^



  • 2013/03/27 21:44
  • YUKA
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。