QLOOKアクセス解析

紅茶のシフォンケーキ

 詩でも小説でもありません 

 完全なる呟きです 


 楽しくも面白くもありません 

  嫌な気分にさえ させてしまうかもしれません 


それでも 今年の最後に吐き出さずにいられなかった

 私の想いがあるだけです 

 それでも良いよと思ってくださる方だけ 

 追記を覗いてください 





温かいコメント、拍手コメントをありがとうございます。
温かくて優しい言葉の数々に
情けないほど泣いてしまって、お返事に時間がかかっていますが

この記事のコメントへのお返事は
ブログをお持ちの方には、メッセか、ブログへ行かせて頂きお返ししています。
ブログをお持ちでない方は、良かったらお返事をお送りする方法を教えてください。

小説記事へのお返事も、もう少しお待ちください。













春の麗らかなある日


「紅茶のシフォンケーキが食べたいから、東京で見つけてきて」

そう電話してきた母

「紅茶のシフォンケーキ?」

何を突然? そう思った


紅茶じゃないと駄目なの?と聞くと 紅茶がいいのと笑っていた

「どうしても食べたいの」

そう言って





でも

私はその時 売っているお店を知らなかった

調べれば見つけることもできただろうに

忙しさにかまけてそれもしなかった


「作ればいっか」


帰省する前のある日――

そう思って材料を購入し キッチンでバタバタと作った






私の使うオーブンは旧式で そのころ非情に機嫌が悪かった

だからかなり不安があって躊躇していた

お菓子作りさえも控えていたくらいだ



それでも手術を控えた母のためにと挑戦を決めた

その日ばかりは機嫌を直してと祈りつつ





予感は的中する

思ったように温まらない

膨らむどころか 火が通らない



2度挑戦し 2度失敗した


「やっぱりね」


それははじめから予想していたことだった


「もう いいか」


諦めた




他に出来るもの

残っていた材料で考えた バナナマフィン


「ごめんね。売って無かった」


作れなかったことは告げずにそういうと 母は少しだけ寂しそうだった


それでもマフィンを美味しいと言って笑った

家族でのお茶の時間

 笑顔のひととき



それでもなんだか可哀そうになって

少しばかりの罪悪感から


「また今度ね」


そう言った私







退院したら お祝いに一緒に食べよう

こっそり企画して ひとりで楽しんでいた

「わぁ~~っ」


そう言って きっと喜んでくれる

そう思っていた









数週間後――

母は帰らぬ人となった


行ってきますと手を振って手術室に入ったまま 

笑顔を残して逝ってしまった









その時は その時しかない

そんな当たり前のことを ないがしろにした


だから私が約束した「また今度」は 

永遠に来なくなってしまった






どうしてあの時 もっと頑張らなかったんだろう

ネットを使って探さなかったんだろう

いつか買おうと思っていたオーブン

それをキッカケにして なぜ買わなかったんだろう



また今度は もうこない


もうこないのに















料理が好きで

お菓子作りが好きで

今まで色んなものを作ってきたのに

シフォンのレシピもわかっているはずなのに

紅茶のシフォンケーキ

簡単に 作れたはずなのに



料理ブログなんて立ち上げているのに

毎日ネットを使っているのに


「どれも美味しそうね」

そう言ってブログを見てくれたのに


シフォンケーキ一つ 食べさせてあげられなかった





もっと優しくなれば良かった


母は 優しい人だったのに


私は

その人の娘であったはずなのに



私ならきっと見つけてくれる

だからこそ 私に頼んだのだろう

妹でも 弟でもなく

私に





手術前

不安を抱える母の

ささやかな願い


娘の負担にならない程度の

小さなわがまま


作ってほしいと言ったんじゃない

食べたいと言っただけなのに

ほんの少しの労力で

叶えることができたはずなのに


あの時の母の言葉

もっとちゃんと 受け止めておけばよかった



叶えてあげることができたはずの約束は

叶えることのできない約束になってしまった




約束も果たせない帰省中

あろうことか 私は母と喧嘩した

きっかけはいつものこと

ささいな諍い ちょっとしたすれ違い


相手をやりこめようとする 静かな言葉の応酬


「お母さんも頑張ったねって言ってほしいのよ。ただ、良く頑張ってきたよって」

最後に 母は寂しそうにそう呟いた

心が乱れて沈んでいた私は 

ただ 黙っていた





心臓手術

怖くないはずがない

もし――

そんな不安を抱えないはずがない



当り前のことが

見えていなかった





友人になら 絶対に言える

兄弟にさえも

きっと言っている



私は 母を母としてみていた

親だから


母を 1人の人としてみていなかったのだ



だから「充分頑張ってきたよ」って 

言ってあげることもできなかった





頑張ることが当然の人なんていないのに









だから


シフォンケーキも後回しにした



「また今度」で 逃げたのだ











お葬式が終わり 母のいない家の中


残された家族のために キッチンに立って食事を作る



引き戸の中いっぱいに 

買い置きされた「ショウガスープの素」があった


以前

送ってくれた「宝箱」の中に 入っていたのを憶えている



妹より 弟より

私が一番喜んだ


「美味しい。凄く便利!」


最大限に喜んで 母にお礼を言った


「東京で探したけど、売って無かった」


だから一緒に買いにいこうと言ったきり

なかなか行くことができなかった


仕事が 待ってたから



「馬鹿みたいに買いこんでたんだよ」


入院前 父との買い物


喜んでいた私を きっと憶えてくれていたに違いない


「東京には売って無かった」


だから 買い占めてくれていたんだ






私は



シフォンケーキひとつ 買ってあげられなかったのに


たかが シフォンケーキひとつ








お母さんらしくて


嬉しくて


酷く哀しくて



買い占める母の姿が 見えた気がして




号泣した









紅茶のシフォンケーキを見るたびに

後悔と懺悔が心によぎる










ごめんね









怒ってなんかいない 忘れているかもしれない

「気にして無いわよ」

きっと そう言う

「そんなこと気にしてるの?」

呆れて笑ってる



それでも



ごめんね











オーブンは まだ買うことができない


たかが

されど


オーブンなんて

お金を出せば買える

紅茶のシフォンケーキを焼くこともできる




でもまだ怖い


わかっているから


「だったらなぜ あの時買わなかったのか」


そう思ってしまうことが


「今更――」


そう思うだろうということが



それは誰でもなく 自分自身が




たいしたことじゃない


だからこそ








いつか


紅茶のシフォンケーキを 自分で焼くことができるだろうか


そうしたらこの後悔も 少しは癒されるだろうか















「東京で買ってきて」

それでいいと言っていた母

「東京ならきっと売ってるから」

そう言った母



命日には

美味しいシフォンケーキを探すから

必ず持っていくから

母のいる海に

空に

風にのせて祈っている




そしていつか

自分で焼くことが出来たら 真っ先に持っていく


「生きているうちに 食べさせてあげられなくてごめんね」


そう言って手を合わせて









紅茶のシフォンケーキ

哀しくて 優しい味


まだ焼くことはできないけど





思い出すだけで苦しい


見るだけで切ない



でも忘れない





それでも


それも想い出だから




母との












妹と 想い出を語ることは まだできない

お互い まだできない


優しい想い出でも

楽しい想い出でも


泣いてしまうのが わかっているから


だからお互い まだ避けている



「妹を 弟を 頼むわね」


ある日 笑ってそう言った母




その約束は


必ず守るから












叶うなら



もう一度 逢いたい





お母さん













関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/29 23:18
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/29 23:50
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/29 23:51
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/30 00:01
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/30 02:37
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/30 11:06
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/30 13:57
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/30 21:53
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/12/31 23:44
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。