QLOOKアクセス解析

誓約の地/漂流編・117<懺悔(3)>


誓約の地/漂流編・117<懺悔(3)>



怒り 嘆き 怖れ 不安

それぞれが心の内に閉じ込めたまま、優奈の生還を喜んでいた。



いまだ 言葉少ない優奈。


彼女の心に浮かぶ哀しみは 何に向けられているのか――






================================================




「他のみんなは落ち着いてから交替で顔を出すってさ。後で佐伯先生は来ると思うけど」

「うん、ありがとう」

 優奈の様子に少し安堵して、修平は一息つく。

「さて、俺らは行くか。カズヤ、付き合え」

「は? どこに?」


 長居は無用――

 修平には杏子の心配していることがわかっていた。だから必要以上に優奈のベッドには近づかない。

 このままだと廻り込んで入ってきそうな勢いのカズヤに苦笑して、咄嗟に答える。

「――釣り。優奈の栄養になりそうなものを釣ってこよう」

「あ。いいっすね! 優奈さん!でっかいのを釣ってきますよ!」

「ちょっと、優奈はまだそんなにたくさん食べられないわよ?」

「平気平気。優奈さんが食べられなかった分はちゃんと俺が。――って、ヒョヌさん、怖いって!」

「何が?」

「その手が!」

「何もしてないぞ」

「明らかにグーでしょ、その形は!今、怒るとこでした?」

「いや、なんとなく……」

「何となく? 勘弁してください――って、杏子さんまで何してるんっすか!」

「……うるさいから閉めようと思って」

 無言で窓を閉めようとする杏子に驚いて絶叫しそうなカズヤに向かって、大声を出さないでと一喝する。

 口を開けたまま言葉を飲み込んだカズヤを視線の端に移して、修平はヒョヌに声をかけた。

「ヒョヌさんはどうする?」

「ん――」

 やっと目覚めた優奈の傍にいたい。

 しかし、同じ「男」である自分が目覚めた優奈の傍にいること――それが良いのか判断に迷った。

「暫くは私がいるから。優奈に美味しいものを取ってきて。カズヤじゃ心配だわ」

 逡巡するヒョヌに、杏子が笑って声をかける。

 どういう意味ですかと愚痴るカズヤを全員で無視して、ヒョヌは優奈のそばに屈みこんだ。

「わかった。優奈、少し行ってくる」

「うん」

「じゃあ、私たちは果物でもとってきます」

 リョウコがエリの腕を引いて、杏子に声をかけた。

「そうだね。優奈さん、後でまた来ます」

「うん」

 すりおろしてきてねと声をかけた杏子に、エリとリョウコは頷きを返して名残惜しそうに部屋を後にした。



 もう一度視線を戻した杏子は、後姿を微笑んで見送る優奈を見た。

 顔には彼らに対する、変わらぬ好意が浮かんでいる。

 杏子はその顔に安堵した。

 そして同時に、なぜか少し苛立った。


「杏子……怒ってる?」

「何を?」

 杏子の言葉に優奈は静かに微笑んだ。

「馬鹿ね。心配したけど、凄く喜んでるわ」

「……オッパ、怒ってるね」

「――――?」

「コウジ君を――」

 優奈の言葉に、杏子の綺麗な眉が上がる。

 呆れた顔を隠そうともせず、杏子は問いかけた。

「優奈、怒らないと思う?」

 その言葉に苦笑して、優奈は杏子を見つめた。

「杏子も?」

「当然ね」

 即答だ。

 静かにではあるが、杏子が確実に怒っているのが優奈にはわかっていた。

 きっと自分のために、また泣いてくれたのだろうと思う。

 そしてそれはたぶん、ヒョヌも同じ。

 優奈は小さく呟いた。

「……彼、コウジくんは?」

 杏子は優奈を見た。

 小さな擦過傷はまだ赤黒く、小さな切り傷が幾つも残っている。

 その顔は、杏子の心をざわざわと逆なでした。

 穏やかに微笑んでいるはずのその顔は陰りを帯び、瞳には哀しみが宿っているのが見えた。



 許すことなど、出来ない。

 許してはいけない。


 決して、許されない。




「大丈夫よ、2度と優奈に近寄らせないから」

 そう断言する杏子に、優奈は淋しそうに笑った。














関連記事

Comment

今晩は~
ごひいきの コウジの動向が気になります^^
  • 2012/10/14 22:11
  • フラメンティ
  • URL
フラメンティさん
フラメンティーさん、おはようございます^^
コメントありがとうございます♪

そうでした~~
コウジ君ですね^^忘れてませんよ~^^
ただ彼は今、軟禁中(苦笑)
<懺悔>でもこの先出てきますので、少しお待ちくださいませ^^

  • 2012/10/15 07:45
  • YUKA
  • URL
  • Edit
優奈は淋しそうに笑った。

この文章を読んで
この時優奈が何を思ったのかが凄く気になるチョコです゜。・:*+・
もしかしたら
みんながコウジに対して怒っている事を
凄く悲しく思っているのかしら?
そんな風に思ったチョコです。

優奈が目覚めてまだ間もないので
優奈がどう出るのかを見届けるまでは
まだ何とも言えないのですが

とにかく続きが楽しみ!

胸がドキドキしてる状態です。
優奈は今何を考えてるんだろう?
  • 2012/10/15 12:59
  • チョコ
  • URL
ここでコウジを許してしまうのも違うと思うしなあ。

かといって厳罰を加えるのも違うと思うしなあ。

なにもしないのも、違うと思うしなあ。

わからん。
  • 2012/10/16 17:16
  • ポール・ブリッツ
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/10/16 17:56
チョコさん
チョコさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

そうなんです。
全員が不安で憤りを心に隠している状態のこの時に
優奈はなぜか、哀しみが勝っているのです。

優奈は苦しいとかかなしいことを前にすると
自分に向かってしまう子なんです。
自分が悪いのではないか、何か出来たのではないか。
実はとても臆病で寂しがりでもあるのです。

ここでの優奈の哀しみは――次回少し明らかになります^^

優奈は何を考えているのか、どう考えるのか
杏子には薄々わかっていうようですが、まだ見えませんね^^

楽しみにしてくださって嬉しいです^^
実は優奈の(私の?)結末は、みなさんはどう思うのかしらと
私もドッキドキです(笑)

大筋は決まっているのですが
彼女ならなんていうか、彼女ならどうするか――
そう思いながら頭を抱えています(笑)

また読んで頂けたら嬉しいです^^


  • 2012/10/16 22:03
  • YUKA
  • URL
  • Edit
鍵コメNさん
鍵コメNさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

そうなのです――!
女性同士・親友同士の絆、それが少しずつ出てきているでしょうか?^^
杏子は優奈の今までを知っていますから
どんな風に考え、どう思う子なのかもわかっているんですね。
だからこそ信頼し、だからこそ心配するんです。

男性が怖くなる――もう、これはあると思うのです。
人によって現れ方は様々だと思うのですが、優奈はまだ目覚めたばかりで
周りの異様な雰囲気は感じていると思うんです。
怒り、哀しみ、不安なんかを。
だからこそ、笑うのです。
人に心配をかけまいとして、自分は大丈夫だと言い聞かせるようにして。
決して強くはありません。
でも、決して弱くもありません。
色々なことを感じて考えている普通の女の人なのですが
彼女の思考は時々人と違うんですね。

これはですね。優奈がお金持ちで裕福だったせいでもあると思います。
往々にしてお金持ちの女性は、杏子のように(笑)
強くてプライドの高い感じでイメージされがちですが
本当に裕福な家に育った人は、心も裕福というか。
人を嫉む、恨むと言った感情が、通常の人とは少し違うと思うんです。
もちろん彼女たちにもそれなりのいがみ合いや競争心はあるのですが
金持ち喧嘩せず――(笑)
心にどこか余裕があるのではないかと思うのです。

もちろん全く別のタイプの方が多いのですが。。。。上手く言えなくてすみません^^;

そうなのです!
杏子はまさにそう思っています。
次回でもう少し2人の会話が繰り広げられ、優奈の心が少し垣間見えます。

杏子の苛立ちは、無理をして微笑む優奈に対して、ですね。
まさに鍵コメさんの言う通り、もっとわがままでいいのよ、こんな時ぐらい――です。
だからこそ、あまり人が大勢集まると、優奈はますます気を使うので
そのことを心配してもいます。

男性の大声。
私も恐怖を感じる1人です^^
むやみに怒鳴る男性の罵声は、威圧的ですよね。
女性は本能的に恐怖を感じたりすると思うのですが
請うう状況下では、たとえ楽しい話題でも反射的にビックリすると思うんです。
そこに気付いてくださってありがとう^^
やっぱり鍵コメさんは心の細やかな人だなぁと思いました^^


杏子とヒョヌのキッカケ。
これもまた、優奈を中心にして進みますね。
今は許すことはできないでしょうね。

そして、修平~~
そうそう、そうなのです。
彼は唯一、コウジの気持ちもどこかで理解できる人。
彼は今は、事の成り行きを見守っている感じですね^^
ここで断罪しても、本当の意味では終わりではないですよね。
現実でもそうですが、その後もそれぞれが生きていかなければならないんです。
だからこそ、修平が……^^
彼はこの先も重要なので、そっと楽しみにしていてください^^
杏子と修平をくっつけた意味を出していきたいと思います(笑)

最後に、風邪ですか?><。
そんな中、こんなに素敵なコメントをたくさん書いてくださって
本当にありがとうございました。
ゆっくり治してくださいね!

私は、意外と丈夫なんです(笑)
でも心配かけないように、自重しますね~♪

  • 2012/10/16 22:37
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ポール・ブリッツさん
ポール・ブリッツさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

すみません!順番を間違えてしまいました^^;;;

許す
厳罰
なにもしない



どれも違うって、全部だめ?!(笑)

どれかは選ばなくてはですね~~~(笑)
彼女が彼女らしく解決――なかなか落とし所が難しいですが^^;
当初通り、突っ走ります^^

そこかよ!って突っ込まれることを密かに期待しつつ(笑)

  • 2012/10/16 22:41
  • YUKA
  • URL
  • Edit
うーん。
杏子姐さんかなりお怒りのごようす・・・
それだけ優奈のこと大事に思っているんでしょうね。

それにしても優奈ちゃんが登場すると空気がふわっと柔らかくなるから不思議。
彼女が出てくると、とても安堵します。
みんなに人気があるの、わかるな~。
癒されますもんね。

話変わって、YUKAさんもう一つ、物語を掲載してらっしゃるんですね。
なんか、おもしろそう・・・
今度、読ませていただきますね ^^
西幻響子さん
西幻響子さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

起こってますね。
杏子は優奈の人を思いやるところを尊敬してはいますが
それが時々危なっかしくてイライラするんです。
性善説と性悪説
優奈は前者で、杏子は後者なんです。
日本は基本的に性善説に基づいて成り立っているところがあるので
優奈の方が日本的なのかもしれませんが^^

優奈が出てくると優しい感じになりますか?^^
嬉しい~~~^^
癒される子で居てほしいです。
バカッぽい子でなくて(笑)

あ、他の話は「花魁」でしょうか?^^
そうなんです。
ただこれは、以前絵師様に頂いた杏子の花魁のイラストから
お礼を兼ねて書いている「なんちゃって時代物」(笑)
誓約の地の「パラレル番外編」なんです^^;

読んで頂けたら嬉しいです!!
  • 2012/10/22 18:19
  • YUKA
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。