QLOOKアクセス解析

誓約の地/漂流編・62<楽園(5)>


大きく揺れ出す様々な想いの始まりは、小さなイベントだった。


遭難中に抱える、不安とストレスの解消が目的の水着選び。

それが思わぬ歪みを生みだしていく――





================================================




 杏子と優奈は、胸に抱えるようにしてヒョヌとソンホに水を持ってきた。

「いやぁ、可愛いですね――」

 ソンホは素直に感嘆した。

「2人ともすごく素敵ですね」

「ありがとう。――ヒョヌさん、どう?」

 杏子が優奈をチソンの方にグッと押す。

 優奈は少し照れながら首をかしげて、ちょっと驚いたように黙っているヒョヌが何か言ってくれるのを待っていた。

「――まいった。よく似合ってる。すっごくいい」

「本当?」

「本当。――向こうへは行かなくていい」

 ぼそっと呟くヒョヌの一言に、杏子とソンホが噴き出した。

「気持はわかります。ヒョヌさんからすれば、当然ですね」

「でしょ? 危険過ぎる。おいで。――ここに、座って」

「あ、うん」

「あらあら。じゃあ、あっちには私が届けるわ」

 ヒョヌと優奈の様子に、杏子が呆れたように声をかける。

「でも――いいのかな?」

 優奈が不安そうに杏子を見ると、杏子は肩をすくめて笑っていた。

「大丈夫よ。ヒョヌさんのファンだって知っているんだし。適当に上手く言っとくから、ここにいれば?」

 恥ずかしそうに頷く優奈にソンホも声を掛けた。

「僕が手伝いますよ」

 2人が行ってしまうと、優奈はヒョヌの傍に腰を下ろした。

 ヒョヌは両手を後ろについて身体を支えながら、長い脚を無造作に投げ出している。

 優奈がその傍らにちょこんと腰を下ろすと、ヒョヌは少し首を傾げて優奈を見つめた。

「こうして見ると、スタイルいいのが際立ってるな」

 恥ずかしそうに微笑む優奈に、ヒョヌは笑いを含んだ声で囁いた。

「あんまり他の男の傍に近寄って欲しくないかも。見せるのも勿体ない」

「ん? そんな事言ったって。水着にならない方がいいってこと?」

「いや、僕的には嬉しい。かなり魅力的だし色っぽいし」

「ほんと?」

「本当。今も男性陣の視線を非常に感じる。――あれは、確実に寄ってくる」

 面倒だなと最後はため息交じりに呟いて、不意に優奈の瞳を覗き込んで笑った。

「まぁ、気持はわかるけどね。でも、僕のだから隠そうかな」

 ヒョヌの言葉に優奈は少し拗ねてみせた。

「その割に、ちゃんと見てくれてない気がする」

「ちょっと目のやり場に困ってるんだ。期待以上だったからね」

 視線を優奈から海へと移してヒョヌは小さく笑った。

 その表情が少し困っているように見えて、優奈は不安げに問いかける。

「本当に?」

「ん?」

「あんまり自分で選んで着ないから、ちょっとドキドキしてるの。実は今もちょっと、――かなり恥ずかしいから」

 何故か急に照れている優奈を可愛らしく感じながら、ヒョヌはその瞳を覗きこんだ。

「そうなの?」

「そう。いつも杏子が選ぶの。杏子が選ぶともっと際どいのだけど。いくらなんでもそれは無理! っていうのばっかり」

 顔をしかめている優奈にヒョヌは思わず噴き出した。

「で? 選んで貰って着るの?」

「無理なんだってば! 杏子は似合うからいいけど人には得意不得意ってあるでしょう? でも私の意見はすぐ却下。いつも決めるだけで何時間もかかっちゃうの」

 そんな2人の姿が容易に想像できた。

 頬膨らませて抗議し始めた優奈を、ヒョヌは笑いながらなだめている。

「今日は向こうに行かなくていいって、言って貰えて良かった」

 ヒョヌは急に話題を変えた優奈を不思議そうに見つめ、視線だけで黙って先を促した。

「ビキニって、なんか下着みたいで恥ずかしくって。でもオッパがビキニがいいって言ったから」

 おどけたように微笑む優奈の小さな呟きに、ヒョヌは少し驚いて問いかける。

「――僕のため?」

「そう。オッパに見せようと思って着たの。誰かに見せる為に自分で水着を選んだのは初めてで。だから褒めて貰って嬉しい」

 他の誰でも無い、ヒョヌに褒めて貰ったことが嬉しかった。

「凄く似合ってる。――ただ見せびらかしたいような、見せたくないような、ちょっと複雑な気分」

「そう、なの?」

「皆の眼があるからね、我慢してる」

「何を?」

「いや、やっぱりまずいよな。それじゃ済まなくなりそうだ」

「――え?」

「そこで終わらせる自信が、全くない」

 ヒョヌは一人納得したように頷く。

 含んだ意味に気がついた優奈が、あっと声にならない声をあげた。

 優奈の反応を確認したヒョヌは浜辺へ視線を移す。

 そして杏子の登場に注目が集まったのをさり気なく確認した。

「あれなら、ちょっとぐらい平気だな」

 何が? と問いかける優奈にヒョヌは小さく笑って、そのまま素早くキスをした。













関連記事

Comment

こんばんは!
なによしです!
ひゃああああああ!!とうとう来たか、この流れが・・・!ついに、ついにか!
据え膳食わぬは男の恥ともいうしね!(使い方が違う)次回、ついに二人は結ばれるのか・・・!
と、イケナイ妄想が止まりません!
そりゃあね、優奈さんの水着姿なんてみたら、我慢できませんよね!!
なんて妄想しっぱなしの変態ですが、毎回楽しみにしております!今回もとても楽しかったです(*´∀`*)
応援ポチ済みです!
なによしさん、こんばんは^^
なによしさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます^^
そうですね~~前回は寸止m(自己規制
今回はどうかしら~~です^^
ヒョヌだけでなく、なによしさんにも焦らしプレイで(笑)
今日か?今日なのか――?
と、お待ちください(笑)
いつもありがとうございます。頑張ります^^
  • 2011/10/28 01:34
  • YUKA
  • URL
おはようございます、チョコです^^

今日も朝からお邪魔します。
ソンホ、よく気を利かしてくれた!!偉い!!
私は本っっっ当に優奈xヒョヌが一緒にいる所を読むのがすきなので
ソンホ気を利かすんだ!!なんて思いながら読んでたんですよ。
ヒョヌもかっこよくて素敵なんだけど
さりげない優しさのあるソンホも素敵(≧v≦●)
きっとヒョヌに負けないくらい素敵なんだろうな〜
大人の魅力がありそうです。
チョコはそんな男性がツボです(●>ω・)

いつも応援ありがとうございます。
本日も応援ポチです^^
チョコさん、こんにちは^^
チョコさん、こんにちは^^
朝から嬉しいです♪今日も来てくださるかな?っていつも待ってます^^
ソンホ、いい奴ですよね(笑)
チョコさんの想いがソンホ届いたようです^^v
彼はずっと2人を密かに応援しています^^
外見は典型的な韓国人風です。あ、風じゃなくて韓国人でした(笑)
これからも、ちょいちょい協力的です♪
彼も相当優秀な通訳なんですよ^^

私の方こそ、いつもありがとうございます。
  • 2011/10/28 14:02
  • YUKA
  • URL
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。