QLOOKアクセス解析

【花魁杏絵巻】 裏話&用語集



作品完結しました。クリックで好きな話に飛べます。
↓↓↓

【プロローグ】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】





ここは【花魁杏絵巻】の裏話という名の資料集です。


時代背景や単語が難しい時代もの。

時代によって花魁との遊び方も変わる様ですが、
一応私が設定した時代での大まかな風習を書き留めます。

今回は追記で用語集です。
あくまでも小説を読む上での御参考までに。
(――と、私の忘備録を兼ねて(笑))

まずは、有名な童謡の昔話のネタを一つ。



指きりげんまん(指切拳万)

ゆびきりげんまん うそついたら はりせんぼんのます

指切 拳万 嘘吐いたら 針千本 飲ます



約束をする時に小指を絡めてする時の唄ですが、これも遊女繋がり。
指切は遊女が客に対する愛情の証として、
小指の第一関節から指を切って渡したことに由来しているそうです。

……( ̄ロ ̄lll) 

これにはかなりの激痛が伴うため、それほど愛してるということを意味し、
貰う客も遊女の思いに応えるくらいの気構えが必要だったそう。

((@◇@;) ・・・そりゃあ、そうだ)

しかし、実際に切る遊女は少なかったらしく、
贋物(模造品)の指(死人の指を切り落としたもの)が出回ったらしい。。。

(ひぇ~~~Σ(・ω・ノ)ノ!それも凄い)

そしてこの「指切」が一般にも広まって、
「約束を必ず守る」という意味へ変化したといわれてます。


★★★


「太夫」と「格子」という位は道中を行うことができましたが、
遊ぶお金がかかり過ぎ、手間もとてもかかるので次第に廃れていきます。

その後「散茶」という位が最高位になりました。

太夫・格子が廃れたので揚屋遊びも廃れ、
引手茶屋で遊ぶか直接遊女屋に行くような安価な遊び方に変わったそうです。
当然「道中」も無くなるはずですが、その後は遊郭の花型イベントとして「花魁道中」が続きます。



「花魁」は「散茶」などの位の高い遊女のことを指しますが、
位の高い遊女全体を指すので固有の位ではありません。

※よく、年端のいかない禿(かむろ)が、「おいらの姐さん」と言っていたのがなまって(略されて)
=「おいらん」になったといわれますが、これは嘘だともいわれてます^^;;

諸説あるのでこれが正しいというのは私には難しいですが、
「花魁」とは「花の魁・・・(先駆け)」のことで、その時代の最先端の女性のことを言った
という説もあります。

人気のある「太夫」は、超人気有名女優や何かと同じでしょうか^^



それでも遊女は遊女。
その時代の年配者は、武家の奥方や裕福な商人の娘が遊女の服装や装飾品をまねているのをみて、
嘆いていたということもあったようです。




気が向いたら追記へGO!
飾り12


~用語集~

小説用に調べた用語。小説用の設定も含みますが使わないかも^^;




<遊郭に係る人々の名称>




太夫(たゆう)
遊女の最高位
その下に「格子(こうし)」「散茶(さんちゃ)」と続きます。
※ちなみに「花魁」は呼び方なので「花魁」と言う位はありません。
(太夫・格子という位がすたれた後、遊女の上位(主に散茶)を指す名称に)
よって花魁には複数の位が含まれます。
時代設定に合わせるため、小説内では「太夫」に統一してます。
花魁は15・16歳~。

※また、遊郭に勤める女性は「遊女(ゆうじょ)」と呼び、「女郎(じょろう)」とは言わないそう。
「女郎」とはいわゆる侮蔑用語で、ヤクザモノが女性を形容するのに使われますが、
遊郭以外で男性の夜の相手をするような女性なので、幕府公認の遊郭にいる女性とは違うらしいです。


新造(しんぞう)
振袖新造は、将来の花魁候補生。
振袖新造・留袖新造など様々。
花魁候補生は振袖新造、花魁候補生から漏れてしまったり、禿を経ていない新造は留袖新造。
他にも色んな新造がいますが、小説では主に振袖新造のこと。12~15歳。
忙しい花魁の名代をすることもあり。


禿(かむろ)
太夫の身の回りの雑用をする10歳前後の少女。
容姿が良く利発な子が選ばれ、この中から振袖新造が選ばれます。
※ちなみに、新造・禿の生活費・教育費は太夫もち。


若衆(わかしゅう)
ここでは、荷物持ちなど力を使う男衆のこと。


楼主(ろうぬし)
廓の主人。
呼び方は「親父」「忘八(ぼうはち)」「轡(くつわ)」など。


遣り手(やりて)
折檻する年を取った元遊女。性格が悪かった遊女が選ばれる(笑)


女賎(げせん)
遊女斡旋人。残忍な男が多く、将来美人になりそうな娘を誘拐したりすることも平気。






<用語解説>

※小説内の設定を含んでます。
時代によって変わったり、諸説あるものもあるので絶対ではありません。
小説を読む資料、楽しむための参考にしてください。




天眼(てんげん)
五眼のひとつ。全てを見通すことのできる天人の眼のこと。


廓言葉(さとことば・くるわことば)
廓詞とも書く。
様々な地方から集まってくる遊女の訛りを隠すための遊女のことば

わっち 
私、遊女が自分のことを言う廓言葉


ぬし様
あなた様。お前様。あなた。――遊女が客のことを呼ぶ廓言葉


傾城(けいせい)
王が国を傾けてしまうほどの夢中になるという美女ということ


詮無い(せんない)こと
しかたがないこと。無益なこと。

磊落(らいらく)
心が広く快活で、小事にこだわらないこと


厠(かわや)
トイレ


苦界(くかい)
遊女のつらい境遇。遊女の世界。


娑婆(しゃば)
遊郭から出た外の世界。人が生きる普通の世界のこと。


片惚れ(かたぼれ)
片思い。

相惚れ(あいぼれ)
両想い。相思相愛。

自惚れ(うぬぼれ)
独りよがりの恋。

岡惚れ(おかぼれ)
不倫や相手がいる人へ想いを寄せること。


道中(どうちゅう)
太夫の住まい(遊女屋)から、客の待つ揚屋までの道のり。
呼び出された太夫が禿や振袖新造を従えて「遊女屋」「引手茶屋」「揚屋」の間を練り歩くこと。
いわゆる「花魁道中」のことですが、小説内の設定は「花魁」という言葉が出る前なので、お話の中では太夫道中。


見世(みせ)
大中小と規模があり、最下層の切り見世というのもあったらしい。
太夫などの高級遊女がいるのは大見世。遊び方、遊ぶお金も違う。
(お金は遊女だけでなく、見世の主人にも払うため)


引手茶屋(ひきてちゃや)
遊郭の案内所のようなもの(1件だけではない)
客に遊女の好みを聞いて紹介したり、高級遊女を呼びだしてもらう場所。
太夫がいるような大見世への呼び出しは、ここを通さなければ遊べなかったようです。


揚屋(あげや)
引手茶屋で指名した高級遊女を客が待つ座敷のある店
太夫は「張り見世」(客引きをする格子のある部屋に入ること)をしません。
客は引手茶屋で遊女を呼び出して貰った後、揚屋で来るのを待ちます。
客は一旦揚屋で宴席を設け、太夫・新造・禿(かむろ)をもてなします。
(その他、芸事をする芸者を呼ぶこともある)
宴席が終わると、馴染み客は太夫の寝所のある妓楼へ行けるらしいです。(一緒に移動)


年季(ねんき)
年季は10年(借金の形に働く年数)
遊女デビューは15、16なので、年季明けは25、26歳。
(実際は搾取が多くて借金が減らない仕組みで、その後も数年働いていた)


水揚げ(みずあげ)
遊女が初めて客と寝所にて接すること。
水揚げに選ばれる客は、その道に熟達した通人(つうじん)のなかから特に財力のゆたかな者が、楼主の依頼に応じたり、その承認のもとに自薦したりする。


身請け(みうけ)
遊女の夢。好きな客にお金を払ってもらい、身を引き受けてもらうということ。
身請けされても、幸せになれる遊女はほんの一握りだった。


呂の字(ろのじ)
キスのこと。


鳥屋につく(とやにつく)
梅毒に罹ること。性病の1つで、遊郭では多く罹患している遊女多い。この頃は有効な治療薬なし。
1度罹っても一旦症状が落ち着く(潜伏する)。
症状は4段階に分かれるが、出てくる症状は人によってばらつきがある。
さらに妊娠しにくい体になっているため、経営者からは喜ばれ、鳥屋についてからが一人前の遊女とも言われていた。


仕置き(しおき)
盗んだり、客を怒らせたり、休んだり、逃げたり、心中未遂など、見世の利益を損なうようなことをすると行われる。
身体に目立つ傷を残さないような小刀針を使う攻め、水責め、蚊攻め、鞭打ち、拘束など。


三枚歯下駄(さんまいばげた)と外八文字(そとはちもんじ)
黒塗りの三枚歯下駄は重量が片足で3㎏もあったといわれる。
そのため、独特の歩き方(外に大きく脚を開き、八の字を描く歩き方)が考案されました。
※江戸でも昔は京都をまねて内八文字だったといわれてます。
※当時の有名太夫「勝山」が外八文字で歩いた事がキッカケ。
そこで、京は内八文字、江戸は外八文字になったといわれます。


行燈部屋(あんどんべや)
物置のようなもの。夜に使う行燈を昼間の間しまっておくところ。
が、ここは行燈をしまっておくだけではなく、病気になった遊女を寝かせ置く部屋


煙草盆(たばこぼん)
煙管用の道具箱。灰皿も付いている。


煙管(きせる)
喫煙道具の1つで、西洋のパイプに近い。
遊女は位が上ると帯の幅が広くなり、それに合せてその帯にさす煙管の赤塗りの羅宇(らう:管の部分)も長くするしきたりがあり、煙管の長さで女郎の格をはかる。
遊女は気に入った客に煙管を差し出し、客が受け取るとその遊女を気に入ったということになる。


空木(うつぎ)
植物の名。白く小さな花が桜のようにまとまって咲く。
花言葉「謙虚」開花は5月ごろ(旧暦では4月ごろ)
別名:卯の花、雪見草


姉太夫(あねだゆう)
禿や新造を従わせるお姉さん遊女のこと。
禿や新造にかかるお金すべてもつので、高級遊女しか姉太夫にはなれない。


嫡男(ちゃくなん)
跡継ぎの男子
ちなみに、嫡子は正妻の子、非嫡子は妾子の意味で使ってます。(現在の法律用語とは別)


藩主(はんしゅ)
藩を治める主。国許の屋敷に城が認められている大名をいう。
藩は将軍家より土地を預かっている組織のこと。
杏絵巻での「九条藩藩主神田直正」は九条藩をまかされている神田直正さん、という意味。
※九条藩なんて無いです(笑)


家中(かちゅう)
大名に仕える家臣


家老(かろう)
家臣の中の最高の役職。複数人いて、合議で政治経済を決めていた。


大名(だいみょう)
大名とは1万石以上、1万石以下200石以上の者は旗本。
また、将軍に逢うことができるのは旗本まで、それ以外は御家人。


石高(こくだか)・石(こく)
生産性を表す単位。税金=米の時代、藩の所領の大きさは面積ではなく石高で表す。
1石は1人が1年間に食べる米の量=10斗=100升=1,000合=150kgが一応の目安。


江戸詰め(えどづめ)
参勤交代を行わずに江戸に定住して将軍や藩主に仕える者
※陽之進は藩主直正の息子で、九条藩江戸屋敷に住んでいる。






<藩・寺の名称&解説>

※小説の中での設定です。実在しない、若しくは実在とは違います。




九条藩(くじょうはん)
陽之進の父、神田直正が藩主。5万石の大名。
西の方にある……というアバウトな設定(笑)


相模藩(さがみはん)
15万石の大藩
現在の神奈川方面にある。
※実際にあった相模藩とは関係ありません。


多吾藩(たごはん)
12万石の大藩。相模藩とは敵対関係


佐野藩(さのはん)
10万石。戸倉道長が家老を務めている。


三浦屋(みうらや)
天眼太夫のいる大見世。


菩提寺(ぼだいじ)
代々その寺の宗旨に帰依して、(先祖の)位牌を納めてある寺のこと。
※固有の寺の名前ではありません。


真永寺(しんえいじ)
陽之進とおゆなの出逢った寺。陽之進とおゆなの家の菩提寺。


寛妙寺(かんみょうじ)
修衛門の馴染みの寺


三ノ輪の浄閑寺(じょうかんじ)
※ここは実在します。
通称「投げ込み寺」東京南千住にある遊女がらみの有名なお寺。
一説には、遊女が2万体以上安置されるといわれる。
丑三つ時になると引き取り手のない亡くなった遊女を門の前に捨てるとか、簡素な穴を掘った中に投げ捨てるという事からついたとか。記録に残っている遊女の平均年齢は21~22歳

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。