QLOOKアクセス解析

花魁杏絵巻 杏子の花魁イラスト♪と番外編プロローグ



御無沙汰しております。YUKAです。

もうお盆の季節ですね~~



13~16日まで帰省します。

その間は遊びにいくこともままならないと思いますが

帰ってきたら、またお伺いしますね♪




更新自体がめっきり減っている「優芽の樹」ですが(;´▽`A``

そんな中、私の大好きなブロガ―様であるチョコさんが、またまた素敵なイラストを描いてくださいました♪



恐れ多くも、「花魁杏子っていいよね~~」みたいなことを言ってしまったのですが

「描かせて」とおっしゃってくださったのです(*/□\*) '゜゚゚・。

嬉しい~~~♪





まずは素敵なイラストをご覧ください(≧∇≦)




飾り12




120804.jpg





飾り12





なんて妖艶~~~艶っぽい杏子姐さん!!O(≧▽≦)O



実はチョコさんにはもう何作も描いて頂いていて

そのくせ、お礼もせずにいるという不忠者YUKAでございます(´・ω・`)


チョコさんに頂いた素敵なイラストはコチラ♪
↓↓↓
Sweetsgirlsの『マカロンちゃん』

「男女の双子」

優奈&杏子・美麗なツインイラスト♪



チョコさんの素敵なイラストとパワーストーンのブログはコチラ♪
↓↓↓
【ちょこっと一緒にひとやすみ】


是非覗いてみてくださいませ♪




このイラストを記念して、嬉しさのあまり誓約の地・番外編として書こう!!とか思ってます♪


本編書けよ!という心の声をあえて無視して(ぇ?

本編と並行できればいいなぁと思ってますが、何せ番外編。

不定期掲載をお許しください。


あ。

本編のネタばれはありませんし、本編を知らない方でもお読み頂けます^^

本編を知っている方は、設定にくすっと笑って頂けるものにしたいと思ってます^^



読んで頂けると嬉しいです♪



まずは、プロローグという名の説明書き(?)です(笑)

追記に入れましたので、お読みくだされば幸いです。





*注*

遊郭・太夫・花魁について
歴史上の時代設定や呼称などは出てきますが、史実に基づいた歴史小説ではございません。
あくまでも番外編/歴史パラレルですので、完全にフィクションです。
そのおつもりでお読みください。





【花魁杏絵巻】


*1・画廊と翁*


バラ・ライン




 おやおや、お客様。

 この絵に魅入られてしまわれましたか?

 あまり長く見つめていらっしゃると、心を読まれてしまうと申します。

 全てが晒(さら)されてしまうのです。

 いえいえ、嘘ではございません。

 描かれている太夫は、そんな力をお持ちだったと噂があるのでございます。

 どんな方か、でございますか?


 この方は吉原遊郭の遊女――

12代高尾太夫、名は「杏(きょう)」と申します。



 ご存じない?


 それはそうでございましょう。

 こちらの太夫にまつわる逸話は全て、口伝のみの昔話――

 その存在いっさいの真偽については、わたくしどもでも確かめようがございません。

 この絵をお預かりする一族でのみ、

長きに渡り綿々(めんめん)と語り継がれてきたのでございます。



「太夫」は吉原遊郭全体でも数人しかおりません。

 遊女には歴然とした「位」があり、決まった「位」によって扱いも違うのでございます。

「最高級」といわれる遊女にしか与えられなかった太夫の位。

「高尾太夫」とは、その太夫の中でもさらに「最高峰の一人」しか称することができない

 代々受け継がれていた名跡(みょうせき)でございます。


 しかもこの太夫、

あらゆるものを見通す不思議な力を持っていると言われておりました。

 それはまさに、五眼(ごげん)にも通ずる

「天眼通(てんげんつう)」を持っているかのごとき特別なお力。

 世事一切を看破するお力は、時のお大尽様方でさえ、

助言を得ようとこぞって通ったのでございます。

 そのため、高尾太夫からいつしか

「天眼太夫(てんげんだゆう)」と呼ばれるようになりました。




 太夫は色を売る遊女にあっても別格でございます。

 どんなにお金を積もうとも

 身分の高貴なお方であっても

 太夫の前では同じ殿方、お客人のおひとりにしかすぎません。

 無粋で野暮な殿方は嫌われ、「ふた目と逢えず」とのことでございます。


 時の幕府によって公認された色街、吉原遊郭。

 庶民が手を出すことなど適わないほどの高級遊女である太夫は、

殿方が一度は相対したいと想う夢の方。

 遊郭は色欲の花咲く憧れの街・天の国とでも申しましょうか。


 しかしその中で暮らす多くの遊女(ゆうじょ)たちにとって、

そこはまた別の呼び名がございます。

 美しい衣装と廓詞(くるわことば)に隠された儚きひと夜の夢の世界は

 売られた娘たちの行きつく先――



 まさに「奈落」でございました。







 なぜか? でございますか?


 当時、吉原遊郭に属した遊女は1000を超え、2000にも届くといわれます。

 色を売る女子たちのほとんどは、

傾いた商家や暮らしの立ち往かない武家の娘、貧しい農村の娘たち。

 女(ぜ)衒(げん)に売られてくることも多かったようでございます。

 そんな中、太夫にまで上り詰める遊女は、

廓(くるわ)の中で生まれた女子(おなご)から育てられました。

 幼少の頃から徹底的に古典や書道、茶道、和歌、箏、三味線、囲碁などの

教養
と芸事を仕込まなければならないためでございます。



 稀に――

売られてきた年端もゆかぬ女子の中から、認められ育てられることもございましたが。


 太夫であっても所詮「カゴの鳥」

 生きて廓(くるわ)を出ることは、相当な財と幸運が必要でございました。


 売られた遊女といえども、年季が明ければ晴れて自由の身となれましたが――

 どんなに稼いでも上前(うわまえ)をはねられ

 身支度用の衣装などで更に借財を重ね

 病気になっても満足な治療を受けること叶わず――

 娑婆(しゃば)の世界を知らぬまま、その生涯を閉じることもおおございました。

 華やかな色街に住む遊女に、幸せな末路は少なかったのでございます。



 天眼太夫の出自も末路も、霧に隠れて判然とはいたしません。

 しかしながら、天眼太夫の器量と知性は歴代太夫の中でも随一。


 持って生まれた美貌と才であらゆる難問をかわし

一生を駆け抜けた稀代の太夫にございます。






 そうでございますねぇ。

 全てをお話することは適いませんが、

わたくしの知っている昔話をひとつお聞かせいたしましょうか。

 お通いくださるあなた様の、お暇つぶしでございます。






 それでは、今は昔――














【花魁杏絵巻】 *2・太夫と町娘* へつづく
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/08/12 17:33
鍵コメCさん
鍵コメCさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

太夫・花魁・遊郭――ご興味がおありでしたか――!!^^
昔話風にしようと翁の語り口ではじめたのですが、興味を持って頂けて嬉しい限りです♪

チョコさんのイラスト、素敵ですよね~~♪
そうなんです!!
さすが、杏子ファンを自認してくださるチョコさん!
彼女の陰と陽を感じさせるこの妖艶なイラスト~~!本当に素敵です^^


私もこの吉原遊郭のお話は興味があったので、いつか扱ってみたい題材でした^^
ただ、歴史もの~~^^;;

私が書きたい頃の遊郭と、世間で言われている頃の遊郭は
何だか別物だったり、混同していたりで^^;;
花魁と太夫――この時点でどっちを使うかでも迷ったのですが
時代的には「太夫」➡「花魁」で、
太夫がすたれてから「散茶」が「花魁」と呼ばれるようになったとか
しかも「花魁」は位ではないとか。。。
陰の部分と陽の部分とあったりするのですが、諸説あるので混同してますね~~
少しずつ調べたりもしているのですが、もう本当に難しい><。

で!
物語として面白く描かせて頂くことに^^;;
歴史ものを考察して描かれる作家様方をあらためて尊敬しています(笑)

一応、全くのでたらめではないと思うのですが^^;;


>太夫は廓出身の女子から育てられる

そうなんですよね。
禿(かむろ)として、太夫についている小さな女の子の絵を見たことがありますか?^^
あの子たちが太夫予備軍で、いわゆるサラブレッドですね。
見た目も芸事も一流でないといけないので、廓育ちが多かったようです。
見た目のいい女の子の中から、才能ある子を選んで育てたそうで。
ちなみに、お付きの禿(かむろ)の教育費・衣装代などは太夫が払っていたそうな。


ただ、記述したように搾取も凄かったようです。
1日でいくら――という、決められた金額を店に納めなければならなかったようで
具合が悪くて休もうにも、休んだ日の分の納め金は自分で払うそうなのです。
衣装や食事についても細かく搾取され――
実際確保されているのは、「住」だけだったともありました><。
高級遊女以外は、医者にも満足にかかれなかったとありましたし。

位が上がるほど、水揚げ(借金を肩代わりして自由にすること)するには多額の金額が。
太夫ともなると、遊ぶのに1晩で数百万――水揚げには数千万(笑)
それでもお妾さんだったりすると、飽きたら捨てられるって感じでしょうか><。
まして外の世界を知らずに育った彼女たちが、外で生きていくのは大変なことですね。


>本編と全く独立した物語としてとても面白かったです。

わぁ~~~嬉しいです^^
これはこれで読んで頂けるようにと頑張ります^^
ただ、これから本編を知っている方には「あ!」という名前をもじって出しますので
笑ってやってください(笑)
ここでも繋がっていたのか~~~てなぐあいで^^


お気遣い、ありがとうございます!^^
鍵コメ様も暫く更新ストップですね^^
私もかえってきたらまた遊びに伺います^^

お盆明けには本編も始動し始めますので、ともどもよろしくお願いします♪

お忙しい中、読みに来てくださった上にコメントまで頂けて本当に嬉しいです^^
ありがとうございました♪



  • 2012/08/12 20:29
  • YUKA
  • URL
  • Edit
こんばんは
絵はちょこさんのブログで見ましたが、美しく描かれてますね~。

お話、面白そうじゃないですか。番外編ということで読ませてもらいます!私も日頃読んでいる、山田風太郎作品に吉原のことなんかは頻繁に出てくるので、良く調べているなあと思いました。

頑張って下さい。
  • 2012/08/12 21:28
  • バカッパ
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/08/13 01:11
バカッパさん
バカッパさん、おはようございます^^
コメントありがとうございます♪

美しいですよね~~~!本当にチョコさんは素敵な絵師様です*^^*
絵の技術だけでなく、その優しくて綺麗な気持ちまで大好きです^^

おお!読んで頂けますか~~!嬉しいです(≧∇≦)

山田風太郎先生の作品とは比べようもないですが、
そんな風に言って頂けて恐縮です^^

時代物を調べるのは本当に大変ですね~~^^;;
色々諸説ありますし、文献を当たることも少ないので
俗説や異説も盛りこんでしまうと思いますが
楽しめるものになるように、なにより私が楽しめるように
力を抜きながら書いてみようかと思ってます^^

頑張ります♪

お忙しい中、コメントを寄せてくださってありがとうございました^^


  • 2012/08/13 06:51
  • YUKA
  • URL
  • Edit
鍵コメNさん
鍵コメNさん、おはようございます^^
コメントありがとうございます♪

わぁ~~~お久しぶりですね♪お元気でしたか?^^
なんと!
色々あったのですね。。。
詳細はわかりませんが、いつも他の人への思いやりにあふれている鍵コメさんのことですから
色々心を痛めていたのではないかと思います><。
大丈夫でしょうか?
訪問やコメントは無理をしなくていいのですよ~^^
時間のある時に、楽しんですればいいのです*^^*
私は鍵コメさんが元気で楽しく暮らしてくださることが、一番嬉しいです^^
気が向いた時に、近況など教えてくださいませ^^

そして!杏子姐さん!素敵ですよね~~^^
鍵コメさんも、チョコさんの素敵ブログで見ていらっしゃいますか!^^
何と妖艶で美しいのでしょうね~私も興奮してしまいました(≧∇≦)

その杏子姐さんの花魁話。
というか、あの4人の時代物パラレル番外編……
やってみたかったことに手をつけてしまいました――!!(笑)

翁の語り口、気に入って頂けましたか!^^
冒頭の入りをどうしようかと迷っていたのですが
きっと私と同じように、花魁・遊郭について何となくわかっているけど詳しくは知らない――
という方もいると思われ、説明を別記事であげようかとも思ったのですが
色々考えてこうなりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ


時代言葉は難しいですよね~~
私の文章で伝わっているなんて、本当に嬉しい限りです♪
これからも、文末に注釈など付けたりしていこうと思いますので
読んで頂けたら嬉しいです♪

そういうことが出来るのも、ネット小説ならでは^^
セオリーではないことも、楽しんでやってみようかなぁと思ってます^^

本編もお盆明けに再開していきます^^
コチラと並行掲載を考えてはいますので、ともどもよろしくお願いします♪

鍵コメさんもお忙しい中、こんなに丁寧にコメントを寄せて頂いて本当に嬉しいです^^
ありがとうございました。
暑い日が続いてますから、くれぐれも身体には気をつけてお過ごしくださいませ♪


  • 2012/08/13 07:13
  • YUKA
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/08/13 15:55
どうも!お久しぶりです。
しばらくの間、ネット復帰が間々ならなかったのですが、
ようやく落ち着きだしたので戻ってきました。
只今、お盆帰省ということで、お墓参りと体の疲れを癒してくださいませ♪
今回のチョコさんの絵、これまた凄く美麗な雰囲気の杏子姐さんですね!
遊女のなかでも気位の高い設定ということでなんか思わず納得のいく設定(笑)
凄く似合ってるのが何とも良いですね♪
そして、YUKAさんの番外編も遊郭をテーマにした内容ということでどんな話になるか楽しみです。
遊郭の雰囲気が伝わってくる文章で期待しちゃう内容、独学で調べたのか?と思うと脱帽です。
YUKAさん、すごーい!!
  • 2012/08/13 22:57
  • ペレ
  • URL
こんにちは☆
わきゃー美しいイラスト!
そして時代物! 時代物! 雰囲気がばっちりだー!!!
時代物、わたし大好きなのですよー!!
吉原、今のそことは違って、
きらびやかで、文化的で、どことなくせつなくて、
一つの大きな世界という感じがして興味しんしんです!
続きを楽しみにしておりますねっ☆
  • 2012/08/15 08:08
  • ハコモリ
  • URL
最近顔出せてないです、申し訳ない><
綺麗な絵ですねー!何で書いているのだろうw
色っぽいですw
時代物ですか・・・雰囲気たっぷりの始まり方でとても楽しみです♪

YUKAさんの語り、正座で聴くことにしますw
実家に戻っている。外はどしゃぶりの雨だ。

同じ市内にあるアパートの、窓を閉めてきたかどうか自信が持てない今日である。ガクガクブルブル。

それはそうとして、花魁姿、かっこいいですね~(^^)
お久しぶりです。小心者です。

ブログの方にコメントいただいたのに、こちらでコメント書いてなくてすみません(´・ω・`)

吉原といったら銀魂でも吉原の回がありましたねぇ・・・時代物って調べ物が大変っぽいですね!盛大な嘘の中にちょっとしたリアルを混ぜると本当っぽく見えるって・・・誰かが言ってました(誰だ!)続きが楽しみです!
  • 2012/08/19 20:38
  • 小心者またはチキン
  • URL
鍵コメGさん
鍵コメGさん、こんばんは^^
お返事が大変遅くなりました><。申し訳ありません。
コメントありがとうございます!^^

下調べはついつい熱が入ってしまうんですWW
ですが、あくまでも素人小説ですから(笑)
で、そのせいで小説を書く時間が押せ押せになるという、本末転倒ターン(爆)

花魁には、客とは別に間夫がいたそうですよ^^
ま、それになるのも大変ですが(笑)

本当に、自由を得られるいい時代でよかったです。
女性は特にかもしれませんね。

次は杏子姐さんが出てくると思います^^



  • 2012/08/19 22:06
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ハコモリさん

ハコモリさん、こんばんは^^
お返事が大変遅くなりました><。申し訳ありません。
コメントありがとうございます!^^

美しいですよね――!!^^私も見た時にドッキドキです♪

時代物もお好きなんですね!^^
私もいつもと違う話で、ワクワクドキドキハラハラです(笑)
吉原遊郭は色街ですが、太夫などの高級遊女はただの泡姫さんとは違って
教養も芸事も超一流で、江戸の流行最先端でもあったそうです。
今でいうと有名芸能人ですね^^

それでも籠の鳥――
そこはかとない哀しみも切なさもない交ぜになって、色々考えさせられます。

とにかく、楽しんで書きますのでまた読んで頂けると嬉しいです^^

  • 2012/08/19 22:12
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ペレさん

ペレさん、こんばんは^^
お久しぶりです(*´∇`*)

お返事が大変遅くなりました><。申し訳ありません。
そして!!
順番が反転してしまいました^^;;重ねて申し訳ありません^^;;
コメントありがとうございます!^^

ペレさんもお忙しかったのですね。
暑い日が続いていますので、身体を壊さないようにしてくださいませ^^

チョコさんの杏子姐さん!
もう、本当に素敵で~~^^
そうなんです。
杏子姐さんに末端の遊女は似合わない!(笑)
あの気位の高さも頭の良さも、もう絶対太夫~~(笑)

あ。ペレさんに褒められた!!
わぁ~~~ありがとうございます♪
調べ物は独学ですが、遊郭は本当に難しいWW
諸説あって、いい加減で(爆)

書きだしは冒頭なので「語り」ッぽくと思ったのですが、雰囲気ありますか?^^
よかった♪
小説用だと思って楽しんで頂けると嬉しいです♪


  • 2012/08/19 22:18
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ラルさん

ラルさん、こんばんは^^
お返事が大変遅くなりました><。申し訳ありません。
コメントありがとうございます!^^

いえいえ、私の方こそ訪問ができてなくて申し訳ない限りです><。

素敵なイラストですよね~~
思わず触発されて、気になっていた「花魁」を取り上げてしまいました(笑)

わぁ~~~正座ですか!!
いえいえ、そんな疲れちゃいますよ~~^^
脚を崩して、好きなお菓子でも食べながらながら読みで結構です^^
楽しんで頂けたら本望♪って感じなので^^

また遊びに行きますね~~^^

  • 2012/08/19 22:22
  • YUKA
  • URL
  • Edit
ポール・ブリッツ さん
ポール・ブリッツ さん、こんばんは^^

お返事が大変遅くなりました><。申し訳ありません。
コメントありがとうございます!^^

18日は雨が降りましたね~~大丈夫でしたか?
窓やドアは、ふと気になりだすと気が気じゃないんですよね(笑)

花魁♪素敵ですよね~~!!
勢いで書きだしちゃったのですが
この素敵過ぎるイラストに、みあった番外編になるのか――

私は今、それにガクブルです(;´▽`A``
  • 2012/08/19 22:26
  • YUKA
  • URL
  • Edit
小心者またはチキンさん
小心者またはチキンさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

いえいえ、とんでもないです!!
遊びに来て頂いただけでもありがたいのに、コメントまでありがとうございます^^

そうなんですよね~~
時代物って、言葉1つが大変ですね^^;;
でもまぁ、私の小説ですからなんちゃってです(笑)

>盛大な嘘の中にちょっとしたリアルを混ぜると本当っぽく見える

おお!いいこと聞きました~~♪

正直者の私には盛大な嘘も大変です(爆)

  • 2012/08/19 22:31
  • YUKA
  • URL
  • Edit
こんにちは。
杏子さん、色っぽいですね

和服姿もなかなかいいです。

動き出したら、心臓どくどくするかもです(笑)
  • 2012/08/20 11:02
  • きたのくま
  • URL
きたのくまさん
きたのくまさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

素敵なイラストですよね――!!^^
本当に嬉しいです^^

日本女性ですから、和装もありですね♪
花魁の衣装は華やかですしね^^
ドッキドキですか?^^わかります~~( ´艸`)ムププ

北海道の夏は短いんですよね。
お忙しい中、遊びに来てくださって嬉しいです^^
一足先に秋のくる知床――
私の好きな季節先取りでしょうね~~

寒暖差が激しくなっていくと思いますので
身体には気をつけてくださいね♪

  • 2012/08/21 23:19
  • YUKA
  • URL
  • Edit
おはようございます^^

かなり出遅れちゃったけど
花魁杏子様の番外編にコメントです゜。・:*+・
素敵に紹介して下さって本当にありがとうございました(´∀`)

もうイラストと物語がマッチし過ぎで倒れそうです。
さらに、誓約の地とはガラリと違った世界観、語り。
なんだか不思議な世界に連れて行ってもらえた様な気持ち。
「これ本当にYUKAさん???」なんてちょっとドキドキもしたり゜。・:*+・
やっぱり文章で物語を表現される方って
本当に凄いと思いました。

もの凄く妖しく美しい世界に惹かれますね。
遊女の世界に詳しく無い私でも、すっごくよく分かる説明。
いつも読み手の事を考えてくれるYUKAさん、
世界観や物語に関わるものをちゃんと調べるYUKAさん、
さすがです。
だから読みやすく、理解しやすく、すっと頭に入って来るんだな〜〜って思います゜。・:*+・

そしてやっぱり杏子様はダイヤモンドの様な存在。
「天眼太夫」と言う名前もその地位も本当に素敵!
ステキすぎてゾクゾクしちゃいました^^

本編も気になる!
花魁杏子様も気になる!!
番外編も気になる!!!
YUKAさんのいけず!!!
全部気になるよ〜〜〜〜(≧v≦●)
  • 2012/09/02 08:56
  • チョコ
  • URL
チョコさん
チョコさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

いえいえ~~
チョコさんのイラストがあまりにも素敵で
もう心臓バックバクでドッキドキですO(≧▽≦)O
不定期更新でごめんね~~
また続きを書くので、少し待っていてくださいね!^^

ちょっとイメージが違う感じの文体でしたか?^^
それは作者冥利~~~♪
わかりやすいと言って頂けて嬉しいです^^
怪しく哀しく切ない世界観ですね。

そして杏子姐さん!^^
彼女が普通の遊女であるはずがないですよね~~ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ
やっぱり杏子はどこでも杏子です!^^

「高尾」太夫は、三浦屋という茶屋の歴代の一流太夫が継ぐ名前でした。
ちょうど、歌舞伎役者さんが名前を継ぐみたいな感じですね^^
太夫には、俗称でその人を表す名前みたいなものがつくことがあって
はじめて子供を連れて道中を歩いた太夫を「子持ち太夫」とか言うんです^^

杏子を表すニックネームのような名前を考えて
これが一番調べたかも(笑)
「天眼太夫」の「天眼」というのは仏教系の用語で、私の作った名前ですが
「天眼」という意味を知った時、杏子にピッタリ!!と思ったんですよね~~^^
それを紹介したかったんです♪
ちなみに、「高尾太夫」は8代、または11代まで続いたといわれているので
12代――というのは存在しません(笑)
実は歴史の陰に、こんな太夫もいた……という、私のパラレルストーリーです( ´艸`)

今回の話は時代物風にしたパラレルですが
輪廻――というのも含んでます^^
だからいつもの登場人物も出す予定♪
・・・ヒョヌの名前を時代劇にするのが大変ですが(笑)

あはは~~と笑って頂けると嬉しいな^^

こちらこそ、こんなに素敵なイラストを頂けて本当に嬉しい♪
創作も頑張るので、待っていてくださいね!^^

  • 2012/09/02 20:55
  • YUKA
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。