QLOOKアクセス解析

【誓約の地・番外編】 真夏の夜の悪夢(前篇)



今日は番外編です。

夏だからといって、このタイトルから「ホラー」を想い浮かべてはいけません!^^

無人島に遭難した優奈達16名。

彼らは彼らなりに頑張って生きてますが、番外編は遭難報告を聞いた「優奈パパ」のお話です。



愛娘・優奈を溺愛するパパが遭難連絡を受けた――


そんなところから始まるお話。




後篇は、9月6日(木)14時にUP予定♪
================================================





「それで、状況は?」


 鳴澤優一は執務室の自席に腰かけたまま、秘書官の竹中に尋ねた。

「詳細は現在確認中です。ただ、遭難したのは間違いないかと――」

「……そうか」

 秘書官の報告を受けて、優一の眉間には深いしわが刻まれた。

 豪華客船・クリスタルシーズが昨日未明、救難信号も出さずに突然航路から消息を絶ったと報告を受けたのは、1時間ほど前のことだった。



 クリスタルシーズは、地中海から太西洋を遊覧する14日間のツアーを組んでいた。

 アメリカにある運航会社・シーズ・オブ・ロイヤルは、豪華客船の運営会社としては老舗中の老舗で、船型を比較的小規模に抑え、乗客に対する乗組員比率を高く設定している。

 そのシーズ・オブ・ロイヤルの中で、客船・クリスタルシーズはシンボルのような有名客船だった。

 一人一人によりきめ細かいサービスを提供する船として、客室はラグジュアリーの中でも最高ランクのブティックに相当する。

 このため、大型化される最近の豪華客船の中で3万トンクラスという小型な船体でありながら、全ての客室がスイートでプライベートバルコニーが付き、客室面積が最高級ホテルの客室に匹敵する仕様を誇る。


 提供されるのは、何も豪華絢爛な施設とサービスだけではない。

 老舗の名にふさわしく、その運航の安全性にも定評があり、今までの全航路で大きな事故やトラブルは報告されたことが無いという優秀な運航会社でもあった。

 そのため最下層の客室でも1泊数十万円といわれる料金は、庶民がおいそれと手を出せるものではない。


 しかし今回は『シーズ・オブ・ロイヤル100周年記念』として、今までではあり得ない格安ツアーを組んでいた。

 またそれを受けて、日本のある有名企業が新たな商品販売記念に、クローズド懸賞の特賞でこのツアーを企画。

 諸外国の富裕層に混じって、日本人も多く乗船していた。




「乗客名簿に、優奈さんの名前を確認しました」

 遠慮がちに告げる秘書官の声に、優一は小さく頷いて応える。

 優奈は優一の1人娘だ。
 
 優一も良く知る、優奈の親友であり幼馴染みの相田杏子に誘われて、このツアーに参加すると乗船前に報告を受けてもいた。

――あの時優奈は、久しぶりに2人で旅行だと喜んで、楽しそうに笑っていた。




「大使、どうされますか?」

 想いに沈んでいる優一を気遣いながら、竹中は出来る限り事務的に声をかけた。

 彼が公私ともに敬愛する優一の平静を装う顔からは、今の心情を汲み取ることはできない。

 しかし彼が娘を溺愛していることは周知の事実だ。

 何より大切にしている愛娘が巻きこまれた海難事故。

 心を痛めていないはずがない。

 竹中は数年前から優一の秘書を務める有能な秘書官であり、彼の一人娘である優奈とも面識があった。

 穏やかに微笑む彼女は非常に優秀な通訳で、飛び抜けて美人でもある。



 優一は先週末に前任者の体調不良により命を受け、韓国の日本大使館で特命大使の任についていた。

 彼女の娘も韓国の外語大学院に留学中で、共に過ごす時間が増えると喜んでいたのを知っている。

 彼女はまだ父親の韓国大使就任を知らない。

 旅行から帰ってきたら驚かせようと、優一が茶目っけのある顔で楽しそうに笑っていたのはつい先日のことだ。

 着任早々見舞われたこの不幸な現実に、彼の秘書官である竹中もまた、どう対応すべきか迷っていた。

「詳細が入り次第、随時報告してくれ」

「わかりました」

 そう言って竹中が執務室を後にすると、優一はすぐにデスクにある電話で外線をコールした。

 それは特定の人間しか知りえない番号。

 優一はその番号を知る数少ない人間だ。



 数回のコール音の後、交換手に名前を告げる。

 それだけで充分だった。

「ユウイチか? 久しぶりだな」

 受話器から穏やかな低音が聞こえてきた。

「アンディ、クリスタルシーズの遭難報告が来た」

 挨拶もそこそこに、優一は本題に入る。

「報告は受けている」

 アンディと呼ばれた男も、優一の緊迫した声音にすぐ状況を飲み込んで応えた。

「乗船客には日本人が多く含まれているというのも聞いている。日本の外務省の担当者とも連絡を取っているよ。君は今担当ではないはずだが。――たしか、韓国ではなかったか?」
 
 アンディはそう告げると優一の答えを待った。

 優一は深く息を吸い込み、声が震えないように口を開いた。

「優奈が、乗っている」

 受話器の向こうが沈黙する。

 気配で息を飲むのがわかった。

「まだ、希望はある」

 アンディはそう告げると、手短に現状を報告した。

「あの船の船籍はアメリカだ。これから詳細を検討してまずアメリカが動く。我々が捜索を開始するのはもう少し後になるだろう」

「そうか」

「だが――」

「どうした?」

「遭難報告を受けている海域は、深海3000メートルを超える海溝がある。座礁しそうな岩盤も島もない」

「…………」

「各国の報告を受けてからになるが、数日中には我々が動くことになるだろう」

 優一はわかったと返事をすると、怖れと少しばかりの期待を込めて問いかけた。

「この事故は……あの島のせいだと思うか?」

「まだわからない」

 優一の質問にアンディは即答する。

「可能性はあるが」

「そう、だな」

 暫く続く沈黙。

 それを最初に破ったのはアンディの方だった。

「だとするなら、生存の可能性は高い」

 断言するアンディの力強い言葉に、優一は無意識に頷いた。

 しかしそれが、絶対の保障にならないことも事実として知っている。

 そしてそれはアンディも同じはずだった。

「必ず助かる。必ず見つける」

 そう言って励ます友人の声に、優一は不覚にも泣きそうになった。

「よろしく頼む」

 そう言って受話器を置くと、優一は自席の背もたれに深く沈みこむ。




 彼はデスクに飾られている写真に手を伸ばした。

 愛娘である優奈と先立たれた最愛の妻、奈々子の写真――


「奈々子。まだ優奈を連れていかないでくれ」



 そう呟くと、その写真に顔を埋めるように項垂れた。
















関連記事

Comment

こんばんは^^

番外編読みました〜〜!
読むまではホラーだと思ってた私です。
怖いの苦手なのでどーしよーとか思ってたのだけど
遭難した者を待つ側の、リアルなお話なのね。

実はね、本編を読みながら
遭難した彼らの家族や友達はさぞ心配してる事だろう...
とか、考えた事があったので
今回のこのお話を読めて良かったと思いました。

お父様、それはもう心配だよね。
大丈夫ですよ、お父様。
お母様はまだ優奈を連れて行ったりなんかしませんよ。
優奈を守ってくれてます!

それにしてもお父様、韓国大使!
これは優奈が帰って来た時に凄くビックリしそうなお仕事だよね!

後編がどんな展開になるのか凄く楽しみです。
本編も番外編も目が離せません!!
  • 2012/08/30 17:59
  • チョコ
  • URL
こんばんは!
YUKAさんこんばんは!
そして改めましてお誕生日おめでとうございます!(*^-^)

オジサマフェアのツイートを先に見ていたのでほのぼの系かなーとか思っていたのですが(笑)
とてもシリアスな、ロマンスグレー系のおじさまですね!
優奈パパかっこいい〜文章読んでるだけで素敵な匂い(?)と容姿が浮かんできました///

ところで、優奈パパはあの島の秘密をご存知のようですが・・・!?
そしてアンディとは、彼もまた本編に絡んでくるキャラなのでしょうか・・・!?

優奈パパは心配で堪らない筈です> <
後半がどのように締めくくられるのか、番外編ならではの楽しみがあります^^

次は6日の、同じく14時ですね!!
お待ちしております〜^^
しずかなる緊張感ですね¥^^;

古い映画だけど、羊たちの沈黙でアンソニーホプキンス(レクター博士が)誰にも悟られないように「ニヤッ」としたような、静かな緊張感。。。この語の展開が楽しみです^^
  • 2012/08/30 22:35
  • HIZAKI
  • URL
父 だねぇ
気をもむ父の様子がよく描かれていますね。
愛する人を心配すると、他のことってなにもできなくなりますよね。優一氏もまさにそんな状態なんだろうなぁ。
後半、うごきがあるのかなぁ?楽しみです^^

誕生日企画、気をもむとーさんなのね(笑)
  • 2012/08/30 23:29
  • きたのくま
  • URL
チョコさん
チョコさん、こんばんは^^
読んでくれてありがとう――!!^^

あはは^^
やっぱり「夏」にこのタイトルのせいでしょうか?(笑)
ホラー。。。
書いてみたいんだけど、私も苦手で(笑)
書けないんですね~~~(。・w・。 )

優奈と杏子は「夏休み」を利用して出掛けたのを憶えてますか?^^
だから「夏」設定なんです^^
これは「優奈パパ」の悪夢、ですね。

本当は番外編はらぶらぶ甘甘にしようかと思ったんですが
本編がかなりシリアスで、イメージが(笑)

遭難を知った家族も辛いですよね。
そっち側も読みたいと思ってくれましたか!^^嬉しい♪

そうそう!韓国大使(笑)
優奈パパは官僚なのです。
そして、これは本編にも絡んできますよ~♪

後篇。。。
あまりオチらしいオチはないんですが(ぉいっ!)
本編に絡みつつ、話が進みます^^
優奈達のその後に繋がる展開を想像しながら読んで頂けると嬉しいです^^

Xmas短編に出てきた「彼」も、結構重要人物なんですよ^^
チョコさんはわかりましたか?^^

  • 2012/08/31 01:18
  • YUKA
  • URL
  • Edit
canariaさん
canariaさん、こんばんは^^
ありがとうございます――!!^^
昨日早速の拍手コメ、本当に嬉しかったです♪

そして、勝手に真似っこ。。。すみません^^
もう、canariaさんのサイト構成が素敵過ぎてどうしてもやってみたくなりました――!!
こんなところでお詫びするのをお許しください。

あはは~~ほのぼの系^^
私も誕生日記念なので、この路線はどうなの~~???
と、自分に突っ込みを入れながらのUPでした(笑)
でも、今あげないと時期を逸しそうで^^;;;
……主にタイトルが(笑)


おお!気付いてくださいましたね!^^
そうなんです。優奈パパは秘密を知っています^^
そしてアンディー!

チラッと種明かしなので、ヒントだけ載せておきますね。
もし、『ネタばれしても良くってよ?(杏子風)』の時はお読みください。

(白反転)➡40<伝言(2)>
これは親しい間のニックネームですが
彼のファーストネームは「Andrew(アンドリュー)」です^^

彼は……実は本編に出てきてます(笑)わかりますか?( =①ω①=)フフフ
ヒントは、40<伝言(2)>

アメリカ人の名前は

ファーストネーム・ミドルネーム・ファミリーネーム

という形になりますが、後篇で彼のファミリーネームが出てきます。
それを読んで頂けるとわかるかもしれません^^



後篇も、あまりオチっぽくもないのですが(おぃおぃ)
優奈と優奈パパに絡んだ人もチラッと出てくるので、読んで頂けると嬉しいです♪


  • 2012/08/31 01:40
  • YUKA
  • URL
  • Edit
HIZAKIさん
HIZAKIさん、こんばんは^^
読んでくださったんですね!!ありがとうございます――!!^^

実はHIZAKIさんが少しずつ眼を通してくださったとお聞きして
サイト構成する際に、もう一度記事行間などを見直したりしました。
……書きなおしたいところがいっぱい出てきちゃいましたが(笑)



緊迫感、出てますか?^^誕生日にこんな感じです(笑)
そうなんです。
優奈パパは官僚(外交官)でしたので、政府に入った一報もすぐに入手できました。
羊たちの沈黙、好きな映画です^^レクタ―博士も大好きで^^

後篇もこんな感じでシリアスに終わりますが、
優奈パパの人の良さや立ち位置が、チラッと醸しだせるといいなぁと思ってます。
あまりオチがないんですが^^;;
読んで頂けると嬉しいです♪

  • 2012/08/31 01:50
  • YUKA
  • URL
  • Edit
きたのくまさん
きたのくまさん、こんばんは^^
読んでくださってありがとうございます――!!^^

そうですね。
一報を受けた父――これでもかなり冷静な方だと思います。
それでも優奈パパは苦悩しますよね。
まさに、きたのくまさんの言う通りですね。
優奈パパは仕事中なので平静を装ってますが、気が気じゃないはずです。

ですが同時に、後篇では「ああ、優奈の父だなぁ」と感じて頂けたらなぁ~と思ってます^^
動きは……あまりないかも(苦笑)
ま、まだ遭難中ですから~(笑)
お忙しい中、遊びに来てくださって嬉しいです♪
良かったら後篇も読んで頂けると嬉しいです^^


そうなんです!
誕生日なのにこんな感じです(笑)


  • 2012/08/31 01:57
  • YUKA
  • URL
  • Edit
こんばんは。お久しぶりです。小心者です。

あまりコメントとか残せなくてすみません(´・ω・`)
優奈パパの心配が文面から伝わってきますね。
愛する人の危機に、冷静でいるのは難しいと思います。
電話口で声が震えないように頑張ったこと、小心者もありますね。あの時は怒りを抑えるのが大変でした(爆)
後編楽しみにしてます。
  • 2012/09/01 23:14
  • 小心者またはチキン
  • URL
小心者またはチキンさん
小心者またはチキンさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

いえいえ。コメントは気にしなくていいですよ^^
最近、「今日の呟き」記事をあげてないので、余計ですね^^;;

読んでくださってありがとうございます♪
そうですね。
優奈パパはとても優奈を大切にしてますし
かなりの心労と思います。
小心者さんも、電話口で……え?い、怒り???
何があったのでしょうか?!

そこに突っ込んではいけませんね^^;;;


  • 2012/09/02 20:39
  • YUKA
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。