QLOOKアクセス解析

誓約の地/漂流編・67<想望(2)>

得る者、失う者。


優奈とヒョヌ、やっと手に入れた優しく甘い2人の時間をキッカケに

揺れ動くそれぞれの想いは、少しずつ進み始めていく――。




【図解】誓約の地の世界を地図で語る。

ここまでの島での生活を、島の地図でご紹介♪

クリックで飛びます。

   



夕焼け3





 修平は苛立っていた。

 この間まであったヒョヌと優奈の距離が、急速に縮まっている気がするからだ。

 2人は、いつもほとんど一緒にいない。それなのに近づいた距離を感じる。

 軋むような心を抱え、何かを振り切るように泳いでいた。



 泳ぎに来る前に声を掛けようとして躊躇った、優奈の顔を思い出す。

 女の子たちと談笑する優奈はいつも以上に美しく、潤んだ瞳は艶やかに輝き、少し首をかしげて笑う仕草は切なくなるほど可愛かった。

 いつもなら、間違いなく声を掛けている。声を掛けても何の問題も無い。

 しかしその艶やかな笑顔は、遭難当時ヒョヌを見て微笑んでいた、その頃の優奈のものだと気づいてしまった。

 自分が告白したあの日からずっと、ヒョヌを見る優奈の表情は切なげだった。

 自分の想いを打ち消そうと揺れる瞳をずっと見てきた。

 今はアイツを好きでもいい、ゆっくりでいい、いつか自分を見てほしい――そんな風に願っていたのに。


――何があった?


 嫌な予感に苛まれながら、突き出すように海に伸びる岩場に腰を掛けた。

 ここは修平のお気に入りの場所だった。

 考え事をする時、一人になりたい時……

 すっきりさせるために、ひとしきり泳いだ後でここに腰を掛けて海を眺める。

 いつもの浜辺からは大分離れているため、ここは見えない。

 岩場が多いので、みんなもさすがにここまで来ないのだ。



 何となく浜辺に視線を流すと、珍しく誰かが来る。

「――――!」

 ヒョヌと優奈が腕を組んで歩いていた。

 2人からは死角になって見えないはずだが、修平は思わず大きな岩の反対側に隠れた。

 2人が海に突き出た岩場へ歩いてくる。修平の場所からほんの数メートル。

 今ここに自分がいてもおかしくはないとわかっているのに、何故か2人と対峙することが躊躇われて、息をひそめ様子を伺う。

 耳の中で、自分の心臓の音だけが反響していた。



「こんなとこもあったんだね」

「そうだね。みんな、あんまりこっちに来ないから」

「知ってたの?」

「前に一回来た」

「一人で?」

「一人で」

 先端近くに少しの段差があり、ちょうど椅子のようで腰掛けるのにちょうどいい。

 いつも泳ぎ疲れると、修平が腰かけて海を眺める場所だ。

 ヒョヌは優奈をそこへ誘導し、片膝を立てるようにして先に座り、後ろから優奈を抱きくるむようにして座らせた。

「――――!」

 ヒョヌは優奈の腰を抱えるように手をまわし、自分の頬を優奈の頬に近づけた。

 彼の手に自分の手を乗せ、後ろに身体を預けている。

 どこから見ても、愛し合っているカップルの図に、修平の奥歯がキリキリと音を立てた。

「いい香りがする」

「ん?」

「いつも甘い香りがするんだ」

「何が?」

「優奈が」

 首筋に顔を埋めるようにすると、優奈がくすくすと笑いだした。

「くすぐったい」

「そう?」

「もぅ!」

 優奈は、身体をよじるようにしてヒョヌを見ると、優しく微笑む彼と目があった。

 ヒョヌは優奈の頭を片手で支えて、ゆっくりと唇を重ね、舌を絡ませていく。

 優奈は自分を支えるために、ヒョヌの腰を掴んでいた。

 その指先に自然と力が入る。

 ヒョヌはそれを感じながら、さらに深く口づけいく――


 甘く長いキスだった。

 次第に優奈は口づけたまま両腕をヒョヌの首に回す。

 彼は優奈の細い腰と背中を支えるようにして抱きしめる。

 両手をヒョヌの首に掛けたまま優奈はそっと唇を離し、双眸を伏せて小さく息を吐いた後、視線を上げてヒョヌを見る。

 彼の熱い視線を受けて、ハニカミながら再び視線を落とした。


「……そういうこと、か」

 こんな風に知るとは思わなかった。しかし、こんなことではないかと思っていた。

 予感は当たった。

 2人に感じ始めた違和感の正体。

――ずっと感じていた胸騒ぎは、自分自身の恋の終焉。

 修平の心臓の音が、耳の中で反響するかのようにこだましている。



 繰り返される甘い時間――

 それはあまりに美しくて、同時に酷く残酷だった。

 切りつけられるような胸の痛みに、浅い呼吸を繰り返す。

 小刻みに震える指先を無意識に握りしめて、口の端を上げた。

 せり上がってくる感情に動かされて、唇を奇妙に歪めただけの彼の表情には、陰鬱な嘲笑が浮ぶ。



 泣きたいのか、それとも笑いたいのか。

 それさえわからないまま、修平はその場を静かに立ち去った。
 














関連記事

Comment

こんばんは!
なによしです。
修平さん・・・・・思っていたより潔く身を引きましたね!てっきり二人のラブシーン(キスとか)を目撃したら、すぐさま割って入るのかと思ったら、結構男らしいじゃないですか!野暮ったい事をせずに見守る形になって・・・・まあ、本当に諦めたかは、今後読んで確かめるのですが・・・・あとは、コウジさんだな・・・・あの人は、修平さんほど潔いとは思えないのですが(失礼な・・・)・・・物語的にも、ひと悶着起きそうな予感!!なんか、最近悪い方にばっかりコメしてますが、決して二人の愛を妨害したいわけではないのです!むしろ、公になって祝福される流れが良い気が・・・・・もうここまで来ちゃったし!と鼻息荒くして読みふけっている変態が少しマトモな事を言ってみたり。いや、願望かな・・・・。
次回も楽しみに待ってます!次からが本物の修羅場かも・・・!
応援しております!
  • 2011/11/04 00:20
  • なによし
  • URL
なによしさん2
なによしさん、こんばんは^^
修平……彼はやり切ったんじゃないでしょうか^^
初めから分が悪いことは承知で、一生懸命でしたから。
もちろん、優奈にやったことは悪意がありますけど
ヒョヌに言ったことは、ある意味正論ですから^^
おぉ!鋭いですね^^
そうです。まだヒョヌとの話が終わってませんね~~
するのかもわかりませんけど~~

よっし!
私はいつかなによしさんに、修平っていいじゃん!!
って言わせようっ!(←本当か?^^;)
修平の本質は、杏子姐さんのみぞ知る!ですね^^
杏子姐さんのコメントは、伏線がいっぱいです(笑)
コウジ……あの子はねぇ、夢見る少年ですからね^^
優奈に幻想を抱いていたので、今後どうなるかはお楽しみです^^
そして――いい勘してますね~~
今日、50話でようやく「漂流編」半分ぐらいです(笑)
当初のプロットでは、ここまでが16,7話でした^^;;
まだ、追憶編と生還編があるんですが(笑)
ま、ここが一番長いと思うので^^
――というわけで、まだまだ波乱は起こります。っていうか起こします(笑)
2人が本当に幸せを掴むまで、見守って頂けたら嬉しいです^^
  • 2011/11/04 01:48
  • YUKA
  • URL
こんにちは、チョコです^^

わ〜...今日は修平のエピソードか.....←テンション低め

ウソです^^;
修平がどんな気持ちなのか気になってたので
それが知れて良かったです。
取りあえず一時退却のような感じでしょうか?
今は修平よりも覗き魔コウジの存在が
危なくて怖い...
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

今はまだ好きになれないお邪魔虫達だけど
一応登場人物皆の幸せを願ってるチョコです^^

チョコさん
チョコさん、こんにちは^^
読んでくださってありがとうございます。
修平(笑)どうでしょうね~~
彼は懸命に恋をしていたと思うんですよ^^
あの優奈への一言以外、嫌がらせをしてはいないんです。
き、気付いてましたか?^^;;;
当り前ですがヒョヌが優奈の想い人なので、ヒョヌ視点ですが
視点が変われば、ヒョヌってヘタレ。。。

コウジはね~~無駄に優奈の幻想を抱いていたので
これからが楽しみ(?)です。。。
チョ、チョコさんに怒られる展開があったりするかなぁ。。。
本当に2人が幸せになるのまで、見届けて頂けたら嬉しいです*^^*
  • 2011/11/04 13:02
  • YUKA
  • URL
警句「ダイヤモンドを奪いに来た盗賊は、足元に大粒のエメラルドが落ちていたとしても気がつかない」

いずれがアヤメカキツバタ状態なんだから、ほかの女性にも積極的にアタック(死語)するべきなんじゃないのかねコウジくんに修平くん。

ちなみに1と2ですが……だめだわたしにああいう具体的なシーンは書けん(^^;) 照れてしまう(^^;) ああいうシーンを書ける人、ほんと尊敬します。
ポール・ブリッツ さん
ポール・ブリッツさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます^^

>「ダイヤモンドを奪いに来た盗賊は、
 足元に大粒のエメラルドが落ちていたとしても気がつかない」
なるほど~~~
修平もコウジも、今は盲目ですからね^^

1と2.。。あはは^^;;

得意ではないですけどね(笑)でも、まぁありかな~~と。
設定年齢が高いので、まさか何もないとは言えません。。。
書くのが苦手ですか?読むのも?
苦手でしたら読み飛ばしてくださいませ*^^*
  • 2011/11/12 02:31
  • YUKA
  • URL
読むのは好きです(爆)
ポール・ブリッツ さん
ポール・ブリッツさん、こんにちは^^
あら、奇遇ですね~私もですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪
  • 2011/11/12 11:53
  • YUKA
  • URL
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。