QLOOKアクセス解析

誓約の地/漂流編75<濫觴(5)>



動きだした想いと抱える心。


それぞれの決意が、新たな時間を紡ぎ出す。







===============================================



 ヒョヌとの話が終わった後、修平は泉の畔にある温泉に向かった。

 海水と汗で濡れた身体を洗い流すと、幾分すっきりする。


――殴られるのは、俺の方だよな。


 ヒョヌとの会話を心の中で反芻する。

 酷い言葉を投げかけたのは俺の方だ。

 相手の弱い部分をついて黙らせようとした。

 優奈への好意という名の悪意――

 それをまともに受けて苦しんだはずなのに、アイツは一度も応戦しなかった。

「いや、待て。さっきのが応戦か」


――たっぷり見せつけてやるから、楽しみにしてろ。


 そう言って小さく笑ったヒョヌを思い出し、修平が苦笑いする。


――確かに、効果的な意趣返《いしゅがえ》しだな。


 やっぱりあいつ、ちょっとムカつくなと考えていると、後ろから不意に声を掛けられた。

「修平くん?」

 修平が振り返ると、不思議そうに首を傾げる優奈が立っていた。
 
「どう、した?」

  考えごとに耽《ふけ》っていた修平は、不意打ちを食らって動揺した。

 狭いこの島の、どこで出くわしてもおかしくはない。

――その想いとは裏腹に、勝手に暴れ出す心臓をなんとかなだめようと大きく息を吸って吐き出した。

「それ、私のセリフ。珍しくボーっとしてたから」

 何かあったの? そう問いかける優奈の瞳が心配そうに揺れている。

「いや、何でもねぇよ。ちょっと泳ぎ疲れただけ」

 誤魔化すように小さく笑って、安心したように微笑む優奈から視線を外した。


 ふわりと柔らかく微笑む優奈の笑顔が好きだった。

 嬉しそうに笑う彼女を見るたびに心が弾んだ。

 今でも同じように心が反応する。ただ、今までとは違うヒリヒリとした痛みを伴ってではあったが。

 大丈夫だと思っても、顔を見れば心がぐらつく。



 すぐに崩れそうになる自分の情けない意志に苦笑した。

「今、西の海岸の方に向かって走ってる」

「――え?」

「探してるんだろう? ヒョヌさんを」

「あ、うん。――この間、話していたことがあって……」

 そう言って笑った優奈の瞳が小さく揺れている。


――そんな顔、するなよ。


 きっと気を使っているんだろう。

 優奈は修平の前で、極力ヒョヌの話は出さない。

 生活をするためのシフトでも、組み合わせることはほとんどなかった。


――ま、当り前か。


 今までの自分の態度がそうさせていたんだと、あらためて苦笑する。

 そこに甘えて随分困らせたと思う。


――でも、もういいんだ。


「優奈。頼みがあるんだ」

 浜辺へ移動しようとしていた優奈に、修平が声を掛けた。

 優奈は少し驚いたように振り返る。

「え? 何?」

 自分を見上げてくる彼女の瞳にイチイチ反応する自分と葛藤しながら、声が震えないように呟いた。

「ヒョヌさんから、聞いた」

 優奈が息をのむ音が聞こえた気がした。驚いた顔で少し緊張した優奈に修平が小さく笑う。

「悪かった。ずっと困らせて」

 声が震えないようにするだけで精一杯だった。意味も無く修平の喉がごくりと鳴る。

「そんな――」

 大きく首を振る優奈を見つめる修平の目に、色んな感情が浮かんでは消えていく。

「いつもいつも、助けて貰ってばかりだもの。苦しい時、ずっと手を差し伸べてくれたでしょう? なのに――。修平くんの気持ちに応えられなくて、本当にごめんなさい」

 俯いた優奈を見下ろして、修平は口の端をあげた。


――まだ顔をあげるなよ。


 自分でも上手く笑えている自信がない。


 気付かれないように深呼吸をする。

「遠慮、するなよ?」

 修平の一言に優奈がはっと顔をあげる。

「優奈が誰を好きでも、それが俺でなかったとしても、仲間であることに変わりはないだろう?」

「うん」

「だから、遠慮するなよ? 言っただろう? 男は頼られるといつも以上にやる気になるもんだって」

 気を使われたら、かえって辛いと修平は笑った。

「ありがとう」

 照れたように微笑んだ優奈を眩しそうに見つめて、その頭の上にポンと手をのせた。


――ごめんな。


 今はまだ、祝福してやるほどの余裕がない。

 だから良かったなとか、おめでとうなんてことは、嘘っぽくて言えない。

 浮かび上がる感情を出さないようにするだけで精一杯だった。


 でも、いつか。

 いつかきっと本当に言えるようになるから、ちょっとだけ時間がほしい。


「そうだ、優奈。杏子は?」

「ん? えーっと、海岸にいると思う」

「そうか」

 じゃあ行くねと手を振った優奈の後姿を見送って、優奈とは反対の方向へと向かう。




 歩き始めた修平の目の端に、佇《たたず》む人影が映った。

「修平さんは、それでいいの?」

 掠《かす》れた声で呟くコウジに、修平は黙って視線を投げる。

「なにが?」

「…………」

 黙り込んだコウジの様子を訝《いぶか》しんで、修平は眉を寄せた。

「お前――」

「何?」

 ハッと顔をあげて問いかけるコウジに、かける言葉を失った。

 少し躊躇ってから、修平は声を掛けるのをやめた。


――俺が、何を言うっていうんだ?


 コウジが優奈を気に入っているのは知っていた。

 いつの間にか、かなり思い詰めてる様子も気になっていた。

 でも、自分と同じようにもう遅い。


――だからといって、俺が何を言う? 諦めろって?


 心に思い浮かべた言葉に苦笑いして「なんでもねぇよ」と笑った。

 自分の心もまだ操れない俺が、忠告なんておこがましい。

 それこそ余計なお世話だったと言葉を飲み込んで、浜辺へと足を向けた。






 修平が何を言おうとしたかコウジは気付いていた。

「戦線離脱、途中リタイアのくせに」

 無駄だなんて、わかってる。どうしようもないってことも。


――でも、じゃあどうすればいいんだ。どうすればいいのか、教えてくれよ。


 俯いたコウジの顔は暗く沈んでいる。

 じわりじわりと侵食し始めた黒い澱(おり)は、コウジの心を少しずつ、しかし確実に侵食していく。

 苦しみに喘ぐコウジの心の声に、今はまだ誰も気づくことが出来なかった。








=================================================

*ケイタイで閲覧してくれている方へ
 難漢字が多い上に、いつも長文ですみません。
 字が潰れてしまって読めないようなら、コメント欄でご連絡くださいね^^
 
 意趣返し―――仕返しをして恨みを晴らすこと。報復。
 澱(おり)――液体の中に沈んで底にたまった滓(かす)。

関連記事

Comment

こんばんは!
なによしです。

おお、修平さん、ようやく蹴りをつけた感じですね!でも、嘘は言えないから、まだ祝福の意は述べない・・・そんな男らしさや潔さに惚れちゃいますよ!ああ、でもきっと杏子さんの元へ行かれるのでしょうね・・・いい組み合わせですから、画面越しに応援していますよ!ふた組みの恋模様を!!優奈さん組はきっと大丈夫だと思いますが・・・・いよいよブラック・コウジさんが出現しましたね!すんごくダークなオーラを放っているのが文面から滲み出ています!ww
やばいぞ!皆、目を離さないでおくんだ!(笑)
って、気持ちになりました!
次回も待ち遠しいです!ああ24時間後よー!

応援していまっす!!
なによしさん
なによしさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます^^
大体、真夜中になによしさんのコメントを読むんですが
PC前で笑ってしまいます^^
いつも真っ先に読んでコメントをくれて
もう、本当にありがとう*^^*
修平と杏子は見守ってやってください^^
――って、今日出てきますから、楽しんでください^^
この2人にR指定はありませんけど(笑)(←先に言ってみた)
コウジ~~~
いい勘ですね!彼に注目してください^^
私もどう進めようか(一応決まってるんですが)ちょっとドキドキです(笑)
  • 2011/11/12 02:44
  • YUKA
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/11/12 15:42
こんばんは。

修平くん、すごい……。
ちゃんと自分の気持ちと現実に向き合おうとしてる。
私だったらどうだろう、なんて考えてしまいました。

そして、とうとう登場のコウジくん。
なんだかコウジくんの周りに怪しい黒いオーラが……><
欲望のままに突き進んでしまうの? コウジくんよ。

続き楽しみにしています♪
応援ポチ★
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/11/12 23:08
滝元 真那 さん
滝元 真那さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます^^
修平……やっと諦めましたね(笑)今度はコウジの登場です^^
ちょっと更新が不定期になるかもですが、また読んでくださったら嬉しいです*^^*
  • 2011/11/13 05:35
  • YUKA
  • URL
こんばんは
YUKAさん、こんばんは。

踏ん切りはつけたものの、狭い無人島内でしかも同じ
コミュニティで生活するのはつらいでしょうね。
修平さんはメンタル強そうですが、コージさん、ちょっと
弱い方なんでしょうか?
だとしたらこのシチュエーションは大変ですね。

執筆活動、マイペースで頑張って下さいね。
  • 2011/11/22 23:05
  • gimonia
  • URL
gimonia さん
gimonia さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます^^
そうですね。かなり辛いと思いますね~
それをどう乗り越えていくかは、本人次第なのですが
コウジは……かなり厳しそうです^^;;;
ありがとうございます!
コメントいただけて、交流できることが励みになってます*^^*
続きも書かねばですが、頑張っていきますね^^
また遊びに来てください^^お待ちしています♪
  • 2011/11/22 23:35
  • YUKA
  • URL
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。