QLOOKアクセス解析

修羅場?

隊長~~~大変ですっ!!
マックで女子高生の修羅場に遭遇しました!

(くだらないので、お暇な方だけ「つづき」へどうぞ)
**********************************

登場人物

Tさん   Oくんの彼女
Kさん   Tさんの友人。付き添い
Mさん   Oくんのもう1人の彼女
Oくん   TさんとMさんに二股かけてる男の子
――私   YUKA

注)これは実際にあった話。

*********************************


AM7:30
なんとなく気分転換に出かけたマック。
「この時間は朝マックかぁ~」
などとちょっと愚痴りつつ、小説の構想でも……などとのん気に出かけた私。
お客さんはまばらで、私と休日出勤っぽいサラリーマン数人、女子高生らしき2人組。
コーヒーを飲みながら、MP3で音楽でも聞こうとバックから取り出していると
女子高生2人組のところへ、呼び出されたらしきもう1人の女の子が……

「Mさん?」
「そうだけど。――Tさん?」
「こっちがT。私はトモダチのK」

という会話から入った3人。
待ち合わせか? と思いながら何となしに聞いていると――

「Oって知ってるよね?」と男の子の名前。
「――彼氏だけど」とMさん。
するとすかさずKさんが「OくんはTの彼氏なんだけど?」

――え? えぇ~~??

Mさん、しばし無言。

――それはMさんも、無言になるよね?^^;
Oくん、二股?! とちょっとビックリして、
音楽も聞かず固唾をのんで見守り始めた(聞き耳を立て始めた)私。
どうやら、Mさんは本当に自分が彼女だと思っていたらしく、
また、Tさんの存在を知らなかったらしい。
Tさんが、彼氏のケイタイを見てしまって怪しいと踏んだ結果、
友人Kさんを伴ってMさんを呼び出した模様。

――Oくん、詰めが甘いよ。Tさんもケイタイ見ちゃダメだけどね。

「そんなの知らないし」とMさん。
「今知ったでしょ」とTさん。
「ねぇ、いつから付き合ってんの?」とKさんがMさんに確認。
「夏」とMさん。
「私、○○からだから、私の方が先じゃん。あんたが浮気相手ってことでしょ!」とTさん。

どうやら、彼女の地位の優先権を争っているようです。
おお! しゅ、修羅場だな! とちょっとドキドキしながら聞いていると、
2人はどんどん不機嫌になり険悪な方向に。
やばくない? と内心ハラハラして、
何かあったら止めた方がいいのかな?と出来もしない心配をしていると――

「ちょっと待って」
「何?」
「そのネックレス……」
「Oから貰った」
「は?」
「何? 嘘じゃないし」
「それ、私のとおんなじ」

――――はっ?

Oくん、2人に同じもの送ったの?
そんな愛人囲い慣れた親父みたいなことをどこで覚えたんだ~~
と私が悶々としていると、2人はいきなり身に着けていたネックレスを外し、並べ始めました。

「ありえない!」
「全く、おんなじじゃん!」
「サイテ―」

口々にOくんに文句を言い始めた女の子3人……
そういえば――、などと、ちょっとOくんの悪いところをあげ始めたMさん。
そしてなぜか「あ、わかる!そうそう」と同調し始めたTさん。
いつの間にか、Oくんの悪口大会になっていきました。

「わかった。もういいや。私別れるからあげる」とTさん。
「え? 私も別れるから。あんな奴いらないし」とMさん。

――今度はOくんのなすり合い???

「うちら、いい子だよね~~」
と、TさんとMさんは笑いながら意気投合。

――な、何故だ???

そして話はどんどん違う方向に進んでいき、ちょっと懲らしめようかという話に。

――え? 本気?

3人が考えたのは、知らないふりしてバッティングし、
散々困らせてから2人で一気に振ってやろうというもの。
大丈夫なのかなぁ~~という私の心配をよそに、
3人は非常に楽しそうに作戦を練っていました。
で、決行日が3日後。

えぇ? 結果がわからないじゃない!!
ここに呼び出しちゃいなよ! ここにっ!
という私の不満をよそに、Oくんを介して仲良くなった3人はそのままカラオケ店へ。


昨日の敵は、今日の友 (ノ´∀`)ノ☆


Oくん、自業自得とはいえ大変だな……。
本当の修羅場はこれからか~~~と、何故か非常に残念な気持ちになりました。

現実の恋愛も大変なんだなぁ~~と思った、ある土曜日の出来事。


関連記事

Comment

こんばんは!

そ、それはすごい修羅場に立ち会っちゃいましたね(;゚Д゚)!!でもでも、なんか面白くって耳が離せない気持ち分かります(笑)
しっかし、事実は小説より奇なりとはよくいったものですよ・・・。
昼ドラじゃないんだからさ!
同じアクセにしたのは、きっとアクセの話題でボロがでないように、という保険だと見た!!
「ほらあ、あのアクセ覚えてるうう?」「(えっと・・・どっちのアクセだっけ)」みたいな事が起こらないように!だとしたらかなりの手練!
また偶然マックで遭遇したら、続きを教えてくださーい!!(笑)
なによしさん
なによしさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます^^
ね! 眠気も覚めるってもんでしょう?(笑)
朝の爽やかなマックで、あのマックで修羅場^^;
私ね~~喫茶店とか、FFとか好きなのです。
そして……朝マックはビックリ話遭遇率高し!!
でも、再会はどうでしょう~~それこそ奇跡的(笑)

そうそう。本妻と愛人に同じ物を送る感じです、ボロが出ないように!
相手の子も高校生らしいのです。世も末ですね~~(笑)
昔、売れっ子だったキャバ嬢という人に話を聞いた事がありますが
彼女達は、逆になるべく同じ物をプレゼントして貰うこともあるようですよ^^;
そして――1つ残して全部売る~~(ノ´∀`)ノ☆
私の先輩には、初デートではそこそこのオシャレをしても
アクセサリーは一切身につけない人がいました。(昔ね)
「なんでですか?」と聞くと
「持ってないと思えば、プレゼントし易いでしょう?」って~(ノ´∀`)ノ☆
み、みんな考えているんですね~~^^;;;
  • 2011/11/06 20:27
  • YUKA
  • URL
現実パワー
最近の若い方は凄いですね(笑)

事実は本当に小説より奇なりですよね。彼女達の会話自体が小説になりそう(笑)

私も最初の職場で、既婚のお偉いさんがバイトに手を出したりなんてのを見て、「不倫とか、二股なんていうのは当たり前の世界なのかあ」というのを実感した記憶があります(今の職場でもそんなのは結構ありますし)。

本当にこれらと同等以上のものを書かないと、作家なんてやれませんね(笑)
  • 2011/11/06 22:20
  • バカッパ
  • URL
バカッパさん
バカッパさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪
ですよね~~~私の方がドキドキしちゃいましたよ(笑)
小説のネタですね!
どこかで生かそう~~~と目論んでます(笑)
ごめんよ、女子高生!

不倫に二股。。。
いやいや、当り前ではないですよ~……と、言い切れない悲しさ。
多いですよね、自慢する人も(苦笑)
私は基本的に弱い者いじめ(DVと幼児虐待)以外は非介入の方向ですが
秘密の恋は、なぜか誰かに話したくなるようです^^;(いつも捕まる)

>本当にこれらと同等以上のものを書かないと、作家なんてやれませんね(笑)

本当にね~~。『実録!』の方が面白かったりして(笑)
  • 2011/11/06 22:44
  • YUKA
  • URL
くくくくっ、おもしろい!
なかなかいい場面に出くわしましたね、YUKAさん。

それってきっとYUKAさんが恋愛小説を書いているから引き寄せた現実のような気がします。
というのも、私もよくそういうことが起こるから。

かっこいい男の人ばかり書いてると、街中でかっこいい男の人を近くで見る機会が多くなったり。
小学生の男の子を主人公にした世界を書いていると、小学生の男の子数人とエレベータで一緒になることがあったり(普段はめったにそんなことないんですけどね)。

まあ、ただの偶然といったらそれまでなんですけど、西幻はこういうことに意味付けしたくなっちゃうわけで ^^;
西幻響子 さん
西幻響子さん、こんばんは^^
コメントありがとうございます♪
凄いでしょう?^^その場は結構緊迫してたんですけど(笑)
あ!そうですかね。
少しは物書きっぽくなってきたってことでしょうか?^^
おお!さすが西幻響子さん^^遭遇率が高いんですね~~
書き始めると、人間観察が今まで以上に熱心になりますよね^^
意味付け。。。私もそういうのをどっぷり信じる方です(笑)
  • 2011/11/07 18:07
  • YUKA
  • URL
そんな話とは無縁の生活をしてきましたが、

高校生の分際でそんな昼ドラをするとは。

そういうことになるから草食系男子が増えるんや(笑)。
ポール・ブリッツ さん
ポール・ブリッツさん、こんばんは^^
でしょ、でしょ!本当に昼ドラですよね~~
草食系男子。。。あ、ウチにも一人います(笑)
  • 2011/11/07 20:31
  • YUKA
  • URL
うわーーーーー、同じプレゼントを
やるのはあかんやろ←(そこかい!
いやー、しかし、すごい場面に出くわしましたね。
そんな貴重な体験、かかわりたくないですけど
実際に見たら聞きたくなくても耳を追ってしまいますよね(笑)
しかし、このOくん、ホントに2股だけだったのでしょうか?
アクセサリーが同じという時点で3・4股とかあってそうだ~(汗)

まぁ、結論から言わせてもらえば、Oくん、
『2兎を追うもの1兎を得ず』
ペレさん
ペレさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます^^
私もそこ~~~~?っと思いましたよ(笑)
聞き耳立てて、コーヒーも無いのに粘った私の気持ち、
わかってくださいましたか?(笑)
えぇ? 2股以上???怖いです~^^;;
>『2兎を追うもの1兎を得ず』
――まさに、名言!(笑)
  • 2011/11/07 22:48
  • YUKA
  • URL
おはようございます
YUKAさん、おはようございます。

今日はこちらに失礼させていただきますww
高校生で二股とはすごいですね。
幼いから二股してしまうのだと思うべきなのか、
高校生の分際でと憤るべきなのか、悩みますね。
彼に真顔で諭せる大人がどれくらいいるのか?
私はちょっと自信がないです
そんな若さで、こういう経験が出来てしまう今の時代
の恋愛至上主義の浸透ぶりにちょっと考えさせられて
しまいました。
それよりも聞き耳を立てるYUKAさんの様子を見て
みたかったなあww
  • 2011/11/20 11:06
  • gimonia
  • URL
gimonia さん
gimoniaさん、こんにちは^^
コメントありがとうございます^^
本当に……二股ってね~~高校生の分際で、です!(あれ?)
大人でもダメですね^^;;;
諭すことは私にも出来るのか自信がありませんが
もっと純愛でもいい気がww

聞き耳を立てている私ですか?^^
その場にいた高校生よりも、オロオロしてた気がします(笑)
私の方が大人なのに~~~
なんだか、私が小さくなってましたよ^^;
人ごとながらドッキドキです*^^*
  • 2011/11/20 14:48
  • YUKA
  • URL
Comment Form
公開設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。