QLOOKアクセス解析

日本全国で皆既月食が見れるよ~という話♪

    12月10日(土)は、日本全国で「皆既月食」が見れるってご存知ですか?

   earthshine-250hq22.jpg
【続きを読む♪】
スポンサーサイト

紅い月

                 皆既月食、見れましたか?
            kako-VgSD8HB68Q4omwAl.jpg
                     こんな感じでした^^
【続きを読む♪】

星が降る夜――ふたご座流星群のお話♪

  流れ星が消える前に願いごとをすると叶う……子供の頃、一番初めに知ったおまじない。
  5654.jpg
     今年最後の流星群が、12月14日から15日に予想されています*^^
【続きを読む♪】

聖なる夜、月に願いを

今年のクリスマスは新月――
皆さんは『新月に願いをかけると叶う』という話を聞いた事がありますか?

36e0311d5
【続きを読む♪】

Xmasは新月ですね♪

            新月に願いをかける……皆さんご存知ですか?

               憶えていらっしゃるでしょうか?



 36e0311d5


                    Christmasの夜

          新月に願いを ➡ 『聖なる夜 新月に願いを』



         サンタに夢見ることを卒業してしまった大人の皆さんも

              生まれいづる前の 見えない月に


              そっと願いを込めてください*^^*


                     そして

           生まれたての月のパワーを貰ってくださいね^^

2012年―25年ぶりに大都市で金環日食という話♪

2012年5月21日――
日本列島で金環日食が観測できるそうです。

金環日食


【続きを読む♪】

5月21日は金環日食

今年のはじめに


2012年5月21日――

日本列島で金環日食が観測できるというお話をさせていただいたんですが

憶えていらっしゃるでしょうか?^^


金環日食





最近、ニュースなどでも話題になってきましたね♪

私は先取りしすぎでしたが(笑)


以前の記事はこちら➡2012年―25年ぶりに大都市で金環日食という話♪



金環日食は月食と違い、太陽を見るのでそのまま直視はできません。

専用の眼鏡がいるんですよね^^

安いものは、そろそろ売り切れかもしれませんが

郵便局でも切手セットの内容は50円切手が10枚と、観測用の専用メガネ付き金環日食観測ノート、ポストカード台紙1枚で、1セット1700円で販売されるそうです。

取扱い郵便局は東京都内の1154局で、5100セットのみの限定販売。

売りきれちゃうかなぁ~~^^;;

「郵便局のネットショップ」でも5月5日から購入できるそうです^^



平日ですが、25年ぶりの天文ショ―

お時間の取れる方は、是非見てみてくださいませ♪

オリオン座が消える?!


飾り12

少し遅くなりましたが

オリオン座は四角く並ぶ星の中に3つの連なった星が見える有名な冬の星座ですが、

その星のひとつが近い将来消えてしまうかも? という話をご存知ですか?



消えてしまうかもしれないのは、赤く囲んだこの星(ぺルテギウス)です。
↓↓↓
オリオン座



いえ、実はもう消えているかも?

ということは、有名なこのオリオン座の形が変わる???


なにそれ――???という方は、追記へどうぞ。

【続きを読む♪】

十五夜と月の呼び名の話♪






36e0311d.jpg






今週日曜日は十五夜ですね~~^^

台風も近づいているので、満月が見れるかかなり微妙ですが。




2012年9月30日は十五夜


「旧暦」で「8月15日」にあたる日は、秋のお月見の「十五夜」の日ですね。

旧暦では、月が新月から次の新月まで地球をひとまわりする時間を「ひと月」としていたので

月の中ごろにあたる15日は満月前後になります^^

ですが、これは旧暦。


今のカレンダーで言うと今年は「9月30日」が十五夜だそうです^^

「十五夜」は毎年満月当日になるわけではないそうなので、晴れると良いですね~^^


飾り12 


仲秋の名月

「芋の名月」とも呼ばれる十五夜。


仲秋の名月と中秋の名月ってどっち?


この字、何故違うんだろう~~と思って、相変わらず調べました(笑)


四季・春夏秋冬はそれぞれ3ヶ月ずつです。


この3ヶ月を更に順を追って「初・仲(中)・晩」と呼ぶのだそう。

例えば春1月・2月・3月は初春・仲春・晩春となります。


初春や晩春と呼ぶのはそのため^^

旧暦の名残りですね。


同様に、秋も初秋・仲(中)秋・晩秋。

「仲」は「季節の中ごろの1ヶ月」というニュアンス

「中」は「真ん中」というニュアンス

らしいのですが、結論から言うとどちらも間違ってはいないのだそう^^





十五夜の1月後の「十三夜(じゅうさんやづき)」


中秋の名月に「月見」、1ヶ月後の豆・栗名月「十三夜」(旧暦の9月13日)で月見^^

十三夜は、今のカレンダーなら10月27日。

十五夜に月見をしたら、十三夜にも月見をしないと、「片見月」になるようです^^





飾り13 





また、十五夜が終わっても、月末までは月の呼び名があるのだそうです^^

御存じでしょうか?^^


十六夜(いざよい)
旧暦16日頃の月。
不知夜月(いざよいづき)、既望(きぼう)などとも呼ばれます。


立待月(たちまちづき)
旧暦17日頃の月。
日暮れに月が出るのをまだかと立って待つうちに月が出るという意味^^


居待月(いまちづき)
旧暦18日頃の月。
立って待っていても月がでるまではまだ時間がかかるので、座って待とうという意味^^


寝待月(ねまちづき)
旧暦19日頃の月。
臥待月(ふしまちづき)とも呼ばれ、寝てまたなければいけないほど、月の出がおそいということです。


更待月(ふけまちづき)
旧暦20日頃の月の夜10時くらいにならないと昇らない月。



下弦の月(かげんのつき)
旧暦20日頃の月。


有明月(ありあけづき)
旧暦26日頃の月の夜が明ける頃に出る月のこと。


三十日月(みそかづき)
旧暦30日頃の月。



いつまで月見をするつもり?(笑)




飾り13 




月の満ち欠けは

新月 → 三日月 → 半月 → 満月 → 半月 → 三日月 →新月


と流れます。



ですが

新月は「朔(さく)」

満月は「望(ぼう)」「望月(もちづき)」

新月過ぎの月齢1歳は「繊月(せんげつ)」といい、「二日月(ふつかづき)」とも言われます。

有名な「三日月(みかづき)」はその次^^


また

月が満ちていく時の半月は「上弦の月(じょうげんのつき)」

かけていく時の半月は「下弦の月(かげんのつき)」「二十三夜(にじゅうさんやづき)」


とも呼ぶんです^^





霞んで見える「朧月(おぼろづき)」は春の月の季語なので、

この時期、薄雲にかかっている月は「薄月(うすづき)」でしょうか^^



冬の季語になる月は「寒月(かんげつ)」


その他、春月(しゅんげつ)、夏月(かげつ)、秋月(しゅうげつ)、冬月(とうげつ)とも^^




月が雲に隠れて見えないことを「無月(むげつ)」

雨で見えない月は「雨月(うげつ)」


どちらも月は見れないのですが、これはこれで風流だと言われるそうです^^





「青月(せいげつ)」は青く輝く月


「皓月(こうげつ」「明月(めいげつ)」は清く澄んだ月


寂しげに見える月は「孤月(こげつ)」


夜明け前にまだ空に残っている月は「残月(ざんげつ)」


夕方にみえる月は「夕月(ゆうづき)」


黄昏時の月は「黄昏月(たそがれづき)」





創作好きの皆さん、ちょっと使ってみたくなりませんか?^^

私は色々考えちゃいます♪




月が見れないことは残念でしょうけど、日本語ってやっぱり素敵^^





日曜日

出来れば、お月見だんごを「YUKA’sレシピ♪」でUP予定(…たぶんw

良かったら覗いてください^^
(TOP記事にあるバナーで飛べます)





追記は私の忘備録。
【続きを読む♪】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。